天皇陛下の実姉、池田厚子さん(86)が園長を務める
岡山市北区の「池田動物園」が存亡の危機にある。
産経新聞より


 

池田動物園

戦後間もなく創設され、
市民の身近な憩いの場として愛されてきた
民間の動物園だが、
開園64年を経て施設は老朽化。
入園者の減少で赤字体質が続き、
2億円以上に上る累積赤字を
厚子さんらが私財で負担するという
厳しい現状。
見かねた市民らが公営化による
経営の安定を求めて署名活動を展開し、
6万人以上の署名を市に提出したが、
突然の要望に市も戸惑いを隠せない。
伝統の園は存続できるのか。(薬師寺大輔)

馬之助

岡山県下唯一の動物園だそうよ。


池田動物園のHPはこちら
Google のクチコミ(49)がこちら。
評判のいい、動物園だわよ。

旧岡山藩主・池田家と皇室に由来

池田動物園は、
昭和28年に前身の「池田産業動物園」が
旧岡山藩主池田家の16代目当主、
池田隆政氏(平成24年死去)によって創設され、
37年から現在の
「株式会社池田動物園」となった。

池田厚子さんは、動物園開園前の27年に隆政氏と結婚

池田厚子さんは昭和天皇第四皇女

馬之助

厚子さんの岡山入りの際は
新婚の夫妻を祝うパレードも行われ、
市民が大歓声で迎え、
厚子さんは岡山県民に
すごく愛されてるのよ。


動物園は2人の結婚を機に開園。
しかし平成17年以降は
修繕が中心となり全体的に老朽化が進み、
インドゾウのメリーが昨年2月に死んでからは
スター的存在のゾウも不在に。
ワシントン条約の規制強化に加えて
資金難のため
新たに動物を買い入れることは無理。

池田家が私財で赤字を穴埋め

来園者も年々減り
赤字補填(ほてん)はすべて隆政氏と、
隆政氏が亡くなった後に園長を務める
厚子さんが行ってきたが、

「自転車操業的な現状で、
返済の目途はたっていない」(同園)

市民らが立ち上がる

園の窮状を見かねて市民有志が

池田動物園をおうえんする会」を結成。
署名活動をしているが
園の経営陣から経営方針が示されないので
岡山市は

「園を残してほしいという思いは理解している。
しかし、園の経営陣から
経営方針が示されなければ動きようがない」
と困惑している。

池田厚子さん

池田厚子さん

写真前面が池田厚子さん。
後ろの方ではありません~

若いころの池田厚子さん
写真はWikipediaより

若い頃の池田厚子さん
かわいいわ。

子供のころの今上陛下と池田厚子さん
写真はWikipediaより

しゃがんでられるのが池田厚子さん。
今上陛下、島津貴子さんとの写真。
これを撮影したころが
池田厚子さんにとって、
すごく幸せだった頃のように
見えるわね。

馬之助の感想

池田厚子さんは妹の島津貴子さんと
正反対のご性格で
目立つことをなさらず、物静かで
相手から話しかけられない限り
話されない内向的な方だそうね。

だからご自身から積極的に
公益化してほしいとか、
動物園存続のための策を練るということは、
なさらないのでは、と思うわね。

旭山動物園は閉園直前の経営難から
展示方法を変えていくことによって
V字回復したけど
池田厚子さんは高齢だし、
経営を立て直すことを
任せるのはお気の毒だわね。

といって、
このままだと閉園になってしまって
今いる動物たちが全国の動物園に
移って行ってしまったら
再開することは
ますますできなくなるわ。

「池田動物園をおうえんする会」を
市民が作るくらい愛されていて、
旧岡山藩主池田家の
16代目当主、池田隆政氏が始められて
天皇家直系の皇女が降嫁されて
今まで続けていらした
名誉ある歴史的な動物園なんだから
何とかして残してほしいわね。
【中古】 思い出の昭和天皇 / 池田厚子他
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ