高円宮家絢子さま、新浜鴨場で接待 8カ国の大使ら

馬之助

女相撲大会じゃないわよ。


伝統のカモ猟で外国大使らをもてなす
皇室の冬の恒例行事
「外交団鴨場(かもば)接待」が16日、
千葉県市川市の宮内庁新浜鴨場であった。
今回は高円宮家の三女絢子さまが、
ドミニカ共和国やエクアドル、
ナイジェリアなど
8カ国の大使や大使夫妻らの接待にあたった。



絢子さまらは網でカモ猟を行い、
計146羽を捕獲。その後、
カモの足に飛来調査用の標識を付けて放鳥した。
絢子さまは放鳥後、
「4~5羽捕れました。緊張しました」
と笑顔で報道陣に話した。
鴨場接待は毎年11~2月、
約5回にわたって
日本駐在の外国大使らを招いて
実施されている。(緒方雄大)
朝日新聞デジタルより

馬之助の感想

皇族の中で末端宮家
高円宮家の三女だから
最末端皇族だけど
外国大使たちは喜んでいるみたい~

各国大使と握手する絢子さま

記念撮影に応じる絢子さま~

外交団鴨場(かもば)接待の絢子さま

なんか~
べったりと体をくっつけて
さすが久子さまのお嬢様~
承子女王殿下の妹姫様~

三笠宮彬子さま瑤子さまより
高円宮家のお嬢様方のほうが
愛想がよくて
男性の扱いが上手そう~

終始和やかでたのしそうね。

嫁に行かない女王殿下たちは
身を粉にして働くべきだと
以前書いたけど
今後ももっともっと、
身が粉々になって、やせ細るほど
働いてちょうだいな。
捕ったカモはまた放鳥して
よかったわ。まさか鴨鍋にするのでは?
と心配したけど杞憂だったわ。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ