第50回戦艦大和戦没者慰霊祭に300人
【徳之島】
第50回「戦艦大和を旗艦とする特攻艦隊戦没将士慰霊祭」
(同実行委員会主催)は7日午後、
皇族の三笠宮彬子=あきこ=さま(35)臨席のもと、
遺族や来賓、住民など約300人が参加して
伊仙町犬田布岬の同慰霊塔前であった。
沖縄戦線への出撃途上、
米軍の攻撃で艦と運命を共にした
戦没将士3737柱に鎮魂の祈りを捧げ、
彬子さまは「世界平和への道しるべ」としての
慰霊祭の継続を希望された



皇族のご来島・臨席は、
同慰霊塔碑銘を揮ごうされた
高松宮さまご夫妻の第2回慰霊祭
(69年4月)いらい48年ぶり。

彬子さまは、慰霊のことばで、
同慰霊塔を建立して
慰霊祭を継続してきた
伊仙町の先人や
関係者の熱い思いにふれながら、

「慰霊祭の末永い継続をお願いするとともに、
この慰霊塔が日本だけでなく
世界平和の道しるべになることを祈ります」

との思いも伝えた。
奄美新聞より

馬之助の感想

奄美以外ではほとんど、
報道されないけど
重要なご公務だわ。
第50回の節目の年だから皇族のご臨席が
叶ったのかもしれないけど
今後毎年、彬子さまがご臨席下さったら
乗組員・将兵3737人の御霊、
ご遺族の心は救われるだろうし
もっと大きく報道、されるように
なっていくわよ。
是非是非、お願いしたい!
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ

戦艦「大和」 [ 別冊宝島編集部 ]