秋篠宮家の長男悠仁(ひさひと)さまが6日、
11歳の誕生日を迎えられた。



現在悠仁さまは、
お茶の水女子大付属小学校の5年生。
宮内庁によると、自然への関心が高く、
学校では栽培委員会に所属し
花壇の水やりなどを担い、
お住まいのある赤坂御用地でも
野菜作りや稲作に取り組んでいるという。

◎5月の校外学習では
東京・両国国技館を訪れ、大相撲を観戦。
友人とちゃんこも味う。

◎8月下旬には2泊3日で
長野県の白樺(しらかば)湖周辺での
林間学校に初めて参加。
湖周辺で友人と共同生活を送り、
飯盒炊爨(はんごうすいさん)を経験。

◎8月には滋賀県高島市で
皇室とゆかりのある
毛筆製造店を見学するなどした。
朝日デジタルより

馬之助の感想

まずは
悠仁親王殿下が11歳の誕生日を迎えられ、
お祝い申しあげます。

悠仁親王殿下は皇位継承順位第3位で、
天皇陛下の孫の世代では唯一の男性皇族。

悠仁さまの肩には、
未来の天皇家のすべてが
掛かっているわけで
今はまだ幼いけれど、
いずれ、この重責を
ひしひしと感じられる時が
来ると思うわ。

その時、精神的にサポートするのが
二人のお姉さま方なんだけど

悠仁さま11歳お誕生日

眞子さまの亭主は小室圭氏で
義理の兄になってしまうのよね。

小室圭のおなか
(小室圭氏の腹毛)

下品だわ。あまりにも下品すぎるわ。↑

皇族の周りには皇族特権の
おこぼれにあずかろうとする
有象無象が群がるから、
陛下退位後に新たに設置される
「皇嗣職」の人達が
悠仁親王殿下をお守りし、
卑しい人物を近づけないでほしいわ。

皇室の庶民化が進み、
有難味が薄れる中、
悠仁親王殿下は最後の砦であって
大切にお育てしなくては。

秋篠宮両殿下のお考えもあるだろうけど
ちょっとでもいい大学に進学させようと
受験戦争に巻き込ませるのは、
やめてほしいわ。

平民、庶民がなぜいい大学に進もうと
必死になるかといえば
学歴によって一生の仕事が決まり
大体の収入がほぼ、
決まってしまうからなのよ。

皇族は生活費の心配はいらないし
生まれながらの皇族というだけで
すでに名誉があるのよ。

伝統ある皇室がこの先、1000年先も
2000年先も続くように
今が踏ん張りどころよ。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク