週刊文春最新号に
天皇の理髪師告白第2弾と銘打って


週刊文春 2017年 2/16号 [雑誌]

皇太子
「滲み出るご心労と白髪」

という記事が掲載されているので
レポートしちゃうわね。

週刊誌報道記事が元ネタだから
真実である確証はないので、
それを了承して読んでちょうだいね。


 

「ご理髪掛」から見た皇太子

理髪係として皇太子に仕えてきたのは
大場隆吉氏。

天皇の理髪師

皇太子には選択の自由がなく
誰に言わない苦悩を調髪の中で感じることがある。

皇太子はヒトの言葉を捻じ曲げて受け取ることがない
まっすぐな方。

天皇と皇太子の髪質の違い

天皇陛下の髪質は一言でいうなら
“剛直”

皇太子の髪質は
”柔軟”

皇太子の髪はとても柔らかく
前髪辺りにウェーブがある
しなやかな髪質。

殿下のお人柄が髪に現れているらしい・・

はじめて東宮御所に参内したのは「人格否定発言」の頃

殿下は片や腰はものすごく張って
凝った状態だった。
マッサージをする手に
殿下のご心労は伝わってきた。

皇太子ポリープ切除直後

相当なお疲れがあった感じだった。

「これまでマッサージを
お受けになったことはありますか?」

と大場氏が尋ねると、
「ありませんね」と皇太子はおっしゃった。

殿下にとってマッサージは贅沢で
依頼する発想すらないという。

皇太子は腰痛

行啓先の車の中から
沿道の両側で奉迎する
国民に対して
に儀に左にお手振りをされると
腰が重心となって負担がかかり
腰がとてもお辛いらしい・・・

お身体のコリは我慢されることが
常態化している。

殿下はご自分から「ここが痛い」とはおっしゃらない

大場氏が
「このあたりが凝ってらっしゃいます」
と、言うと、殿下は
「やはりそうですか」
と今、気づいたようにおっしゃる。

殿下は大変細やかな配慮をされる方である

理髪師の大場氏の
帰る時刻が遅くなったときは
東宮侍従から
「殿下がお車をご用意くださっています」
ということがあるという。

皇太子の表情が明るく輝きだしたのは・・・

東宮御所の改修工事のため
平成20年8月から11か月間
東京赤坂見附の大場氏のサロンに
足をれ運ばれるようになってから。

殿下自ら「大場さんのお店に行きます」と
希望されて通われた。

ジュンコシマダの紺と白の縦縞ジャケットを颯爽とお召し

サロンの個室での施術なので
殿下はリラックスされて様々な話をされる。
お出しするお茶菓子やお茶に目を留められて
言葉を掛けられる。

殿下が興味を持たれた飲み物

「これは何という飲み物ですか?」
と興味を持たれたのは
抹茶オーレ。

1000円ポッキリ泡立つ抹茶オーレ

20p05P05Nov1605P03Dec16

平成21年秋からは改修後の東宮御所で

東宮御所の理髪室は
大場氏のサロンのようにしてほしい、
という皇太子の近傍でサロン同様のレイアウト、
収納式シャンプー台も設えられた。

カーテンや殿下が座られる椅子の色まで
殿下が選ばれた。

調髪の間はジャズやクラシックなど
殿下のお好みに合いそうなBGMが
掛かっている。

雅子さまや愛子さまバッシングの記事にもご様子変わらず

雅子さまや愛子さまへのバッシング記事が
週刊誌を賑わしても
殿下のご様子はいつも穏やか、
全く変わることがない。

皇太子の頭皮は非常に硬い

皇太子はすべてをご自分の中にため込んで
弱音を吐かれないが、
肩や背中、腰にお疲れがたまり
頭皮は特に固くなっている。
(つまり頭の血流が悪いということみたいね・・・)

皇太子の眉毛は雅子さまがカットしている

皇太子を苦しめている雅子妃殿下

あるとき殿下が眉毛をカット
されたみたいだったので
お尋ねすると
「雅子が」とおっしゃった。
そしてハッとするように
口をつぐまれた。
プライバシーを守るとする雅子さまへの
心遣いを理髪師大場氏は感じたらしい。

白髪について皇太子が相談した

「白髪というのは
いったいどうしたらいいでしょうかね」
大場氏に皇太子が尋ねられたらしい。

殿下の白髪対策とは?

毛染めは地肌への負担が大きいので
スティックタイプの
洗って落とせる白髪ぼかしを
使っているらしい。


生え際、てっぺんハゲ、痩せ毛に禿げ隠し粉

【ヘアーファンデーション
↑これを使っているとは
週刊誌に書いてないわよ。
知り合いに使っている人がいるので
ご紹介しただけよ・・・

殿下は調髪後の頭皮マッサージを心待ちにしている

平成24年ころは登頂部の凝りが強かった。
マッサージを続けているうちに
一時は細くなりかけていた髪が
いまではしっかりとして
抜け毛が減り、育毛効果を実感されている。

殿下はよほどのことがない限り苦痛をおっしゃらない

殿下の周りに少しでも
お楽にして差し上げようと思う人が
年々少なくなっていいるように
大場氏には感じるという。

大場氏がインタビューに応じた理由

皇室内の事柄は
切らかにすべきでないが、
大場氏が見た天皇や殿下のお姿を
伝えることで皇室の方々との
垣根が取り払われることを
願っているらしい・・・

馬之助の感想

皇太子殿下が気づかいの方で
肩や頭皮を凝らしておられることは
よくわかったわ。
それに雅子妃殿下が殿下の眉毛を
整えられているということは、
お二人は仲良しだってこともわかったわ。

そしてこの記事は
ネットで根強く言われ続けている
カツラ疑惑をさりげなく
否定しているわね。

皇太子殿下は地毛

もし紀子妃殿下のような方が
皇太子妃として
嫁いで来られていたら・・・

紀子さまほど美人でなくても、
顔は久子さま程度であったとしても

真摯に公務をされる方であったら
皇太子殿下はどれほど気持ちが
楽だったかわからないでしょうね。

「人格否定発言」は、間違いなく
小和田家からの強要されて、
発言されたとしか考えられず

小和田家と皇室の伝統の板挟みになって
さぞ、お苦しいんでしょうね。

でも、やっぱり、きっぱりと
ここは皇室なんだから!
とおっしゃるべきだったんでしょうけど
雅子妃殿下がウツで寝込んでいたら
厳しくも言えず
肩が凝るでしょうね。

でも、平民の中には
嫁と自分の実家の
板挟みになっている男は
山のようにいるのよね。

その上リストラの危機にあえぎ、
経済的に苦しく
子供の進級問題に悩み
頭髪が抜け落ちる男は
ホント、多いのよ。

お優しい殿下は本当にお気の毒だけど
お身体大事になさってほしいわね。

にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ