両陛下、キンダーブック90年展

天皇、皇后両陛下は13日夕、
東京都文京区の印刷博物館を訪れ、
1927年に創刊された
保育絵本「キンダーブック」(フレーベル館)
の歴史を振り返る企画展

「キンダーブックの90年―童画と
童謡でたどる子どもたちの世界―」
を鑑賞された。


両陛下とも幼少時に
キンダーブックを愛読していたといい、
天皇陛下は

「小さい頃から見ていましてね」
などと話しながら、始終笑顔で見学。

出版年代ごとにまとめられた
本の展示を見て、皇后さまに

「こちらの知っているキンダーブックは
もう少し小さいね」

と話すなど、
思い出話に花を咲かせた。

同博物館の樺山紘一館長によると、
魚類研究者でもある陛下は
鑑賞を終えた後、

「キンダーブックを読んで
魚の名前を覚えた」

と懐かしそうに振り返り、
皇居・御所には当時の本が
今も保管してあるはずだ
と話していたという。
jiji.comより

馬之助の感想

これは公務ではないわね。
遊びに行っただけ。

退位後はこういうお出まし
ばっかりになるんでしょうね。

こんな感じで
展覧会や音楽会に行って頂いて
楽しく楽しくお過ごし頂いたらいいわね。

3月にまた沖縄に
慰霊の旅にいらっしゃり、
戦争犠牲者の遺族と懇談
なさるんでしょうけど

両陛下の根底にあるのは

『日本は悪いことをした』

なのよ。

戦後、GHQが派遣した
バーニング夫人に
「日本は悪いことをしました」
と、自虐を
教え込まれてきたんでしょ。

それが慰霊慰霊、
韓国に謝りに行きたいという
お気持ちに繋がっているような
気がしてならないのよ。

日本は悪くないわ。
正々堂々と戦っただけ。

国を挙げて
ウソの反日を子供の時代から教え込み
政治利用している国に
なんで、両陛下は行きたいの?

同じく日本が統治した台湾では
農業水利事業に大きな貢献をした
八田與一氏に感謝して
教科書で教え、銅像も建っているのよ。

台湾では連続ドラマになっているわ。

トルコでは
エルトゥールル号遭難事件の恩を忘れず
学校の教科書に記載されていて
超親日よ。

さっき、たまたまテレビで見て
感動して泣いちゃったわよ。

退位後は、京都御所に戻られて
国民のためにずっと祈っていて
頂きたいと思うけど

京都に戻られるのは
お嫌、みたいだから、

絵を見に行ったり、
花を見に行ったり
音楽会に行ったり、
ずっと遊んでらして
頂いたほうがいいわ。

陛下のお言葉は
ご本人や日本国民が考える以上に
重みがあるのよ。

国益を損ねるような
政治的発言をされては
困るから、
遊んでてくださいませ。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク