天皇皇后ブラジル展

天皇皇后両陛下の
ブラジル初訪問50周年を記念した展覧会を、
両陛下が鑑賞された。



東京のブラジル大使館で開かれている展覧会は、
天皇皇后両陛下が
50年前の1967年に初めて
現地を訪問した時の様子を、
写真や映像などで振り返るもの。

天皇皇后ブラジル訪問50周年記念

両陛下は、
当時ブラジルから贈られた勲章や
その時の写真を見て「懐かしい」と述べ、
宿泊した海岸沿いの写真では
「ここを歩いたね」と話すなど、
思い出を語りながら見て回られた。

天皇皇后初ブラジル訪問から50年

案内したラーゴ大使によると、
両陛下は、訪問時の最も美しい印象は、
「ブラジルに移民した日系人が、
ブラジル社会に溶け込んでいる姿を見たこと」
だと話されていたという。

両陛下は移民に心を寄せ続け、
ブラジルには3回訪問されている。
日テレニュースより

馬之助の感想

11月1日に秋篠宮さま紀子さまが
一足先に鑑賞されたブラジル展ね。

秋篠宮ご夫妻、両陛下ブラジル訪問記念展を視察

こうやって振り返ってみると
美智子皇后は幸せな方よね。

天皇陛下が皇太子時代には
ゴールデンの時間帯に
皇室特別番組があり

「美智子さまのお哀しみ~」

なんてナレーションと共に、
暗く哀しい音楽が流れ・・・

美智子さまのお母様、
正田富美子さんが正田家の
広い庭にしゃがんで
物憂げに
草をむしっている写真が出てきて

今上陛下、当時の
「皇太子からの求婚を
お受けするかどうか、悩む母と娘~」
というナレーションがだったわ、いつも。

結婚後も宮廷で美智子さまは
何の非もないのに
平民出身であるだけで
良子皇太后はじめ、
皇族、華族出身の妃殿下方に
苛め抜かれ

ご成婚前は
ふっくらとされていたのに
入内してから急に
ガリガリにやせ細り
本当にお可哀そう~

という番組構成が定番だったのだけど

痩せられたのは
甲状腺機能亢進症、
バセドー病が原因

確か手術されているわ。

美智子皇后の
何よりラッキーだったのは
ご成婚後すぐご懐妊できて
1年以内にお世継ぎが誕生したことね。

雅子さまはご懐妊まで時間がかかり
雅子さま一人に責任が覆いかぶせられて
そりゃあ、悔しかったでしょ~よ。

常陸宮家もお子様はいないし
お子様のいない宮家は多いわ。

タブーだけど
黒田清子さんも、お子様は
おられないわ・・・

美智子皇后は
早くに世継ぎが生まれたことと、
良子皇太后に老人特有の症状が出たのも、
言葉は悪いけど、気持ち的に
楽になられたと思うわよ。

そのころから急速に
皇太后の勢力が弱まり
美智子皇后の天下に
なっていったらしいからね。

平民出身美智子皇后は
皇太后や華族の方々に見下され、
イジメられている可哀そうな方、
ということになっていたので
平民である国民は一丸となって
美智子皇后の味方だったけど

雅子さまの肩を持つつもりはないけど
案外、雅子さまや紀子さまに対して
美智子皇后は
厳しいことを言ってそうな気がする~

東宮家に対しては、厳しいことを
言いたくなる気持ちはわかるし
もっと言うべきだけどね。

嫁雅子妃が公務をしないので
苦悩しながら
高齢になった今も奮闘し

「慈愛深いいい人」

であり続ける美智子皇后は
幸せな人生を送られてきたと
思うわ。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク