天皇陛下の退位をめぐり、
新天皇即位と新元号を
2019年1月1日の同じ日にすることは困難だと、
宮内庁の西村泰彦次長が17日(2017年1月)、明らかにした。

 

元旦は行事が多く無理~

「1月1日は皇室にとって極めて重要な日で、

天皇、皇后陛下は様々な儀式・行事を

心を込めておつとめになっています。

そういった状況から仮に譲位ということになっても、

1月1日に設定するのは難しいのではないか」と述べた。

元旦は分刻みのスケジュール

1月1日は午前5時半の「四方拝」から

午後2時半の「祝賀の儀」まで

分刻みのスケジュールが埋まっており、

両陛下は三権の長や各国大使ら

約650人と挨拶される。

この上に大きな行事を設定するのは難しい。

「天皇誕生日(18年12月23日)に退位 検討」

イギリス留学時の皇太子さま(浩宮)

「政府は、天皇陛下の退位の時期について

2018年(平成30年)12月23日の

天皇誕生日とする案の検討に入った」

という。

皇太子さまの即位は即日か翌日が想定され、

改元は越年し、

19年1月1日から新元号を適用するというものだ。

「もしこれが実現しますと、

天皇の退位と新しい元号の開始が

別々のタイミングになりますね」

元号法では即位と新元号が同日である必要はない

まだまったく議論もされておらず、

これからの議論らしい。

馬之助の感想

これもまた、政府は

そんなことない~と否定するかもしれなくて、

報道が先走っているだけの

可能性はあるわね。

しかしもし、2018年の天皇誕生日に退位され、

数日中に皇太子が即位するとしたら、

それでなくても年末で忙しく

もう、冬休みに入っているから

その日特別休暇になっても特別感はなく、

昭和天皇が亡くなり、

今上陛下が即位された時のように

国民のほとんどがテレビの前で

平安絵巻物を見る~

ということに、ならないように思うわ。

それでなくても最近の若い子は

12月23日が何の日か知らないのよ。

クリスマスイブイブですって!

年末の忙しいときはやめて

もっと、じっくり国民と共に

新しい世を迎える儀式を

静粛に見れる時期にしてほしいわ。
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ