天皇皇后ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団を鑑賞

天皇、皇后両陛下は15日夜、
東京都港区のサントリーホールを訪れ、
ポーランドの
ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団の
コンサートを鑑賞された。
jiji.comより



コンサートは
同国の独立回復から
100周年を記念して開かれた。
「ピアノの詩人」と呼ばれる
ショパン作「ピアノ協奏曲第1番」などを演奏。
両陛下は、オーケストラの調べに
心地よさそうに耳を傾けていた。
jiji.comより

馬之助の感想

これをお聴きになったのね。

https://www.japanarts.co.jp/concert/concert_detail.php?id=613

ソリストのニコライ・ボジャイノフについては
こちらに詳しく書いているわよ。

ニコライ・ボジャイアノフ

サントリーホールにいけば
天皇皇后、特に
皇后には必ずお会い出来るって
感じよね~

しょっちゅう、演奏会に
いらしているわね~

いいわね~うらやましいわ~

退位後はずっと
音楽会にいったり好きなことして
遊んで暮らすんでしょうね~

昭和天皇と皇太后は
こんなに音楽鑑賞とかの
お楽しみは
なかったように思うわ。

美智子皇后は
平民出身という理由だけで
苛められ、
可哀そう可哀そうと
言われ続けてきたけど
今や、これほど
恵まれた80代の老人はいないわね。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク