一般参賀天皇誕生日

天皇陛下の84歳の誕生日を祝う
一般参賀が23日、皇居で行われ、
陛下は
「晴れ渡った空の下、誕生日に当たり、
皆さんの祝意に深く感謝いたします」
と述べられた。


陛下の退位が
2019年4月30日に決まって以降、
皇居での一般参賀は初めてで、
誕生日の一般参賀は来年が最後となる。
宮内庁によると、
午前中だけで4万5900人が訪れ、
天皇誕生日の参賀者としては
即位後最多となった。

陛下はあいさつで、
「台風や豪雨により被害を受けた地域の人々、
また東日本大震災など
過去の災害により
いまだ不自由な生活を送っている
人々のことを
深く案じています」と気遣い、
「来(きた)る年が国民皆にとり
少しでも穏やかな年となるよう
願っています」と話した。

陛下は午前中に計3回、
皇后さま、皇太子ご夫妻、
秋篠宮ご夫妻と長女眞子さま
と一緒に、

宮殿・長和殿のベランダに姿を見せた。
陛下は集まった人々に
笑顔で手を振り、祝意に応えていた。

午後には宮殿で祝宴が開かれ、
皇族方や安倍晋三首相らが出席。
夕方からは二重橋などの
ライトアップが行われる。
時事通信より

馬之助の感想

一般参賀天皇誕生日 皇后陛下も

一般参賀でベランダから
手を振って下さる天皇皇后。

天皇陛下誕生日皇后

お誕生日を前にして
宮内庁が公表した天皇皇后のお姿。

「残された日々、
象徴としての務めを果たしながら、
次の時代への継承に向けた準備を、
関係する人々と共に行っていきたい」
との考えを示した。

象徴としての務めは
ただ存在しているだけでいいのよ。

何かしなくちゃなんて
今までだって思うことはなかったのよ。

存在しているだけで
そこにいるだけで
喜んでもらえるのは天皇だけよ。

あとの期間くらい、
政治的発言、言動はなさらないで。

それが国益を損じるのでね。

旧高松宮邸をリフォームし
東宮御所をバリアフリー化し
(もうやっているという噂だけど)

数年かかるわね。

皇居から旧高松宮邸に移り
次にリフォームした東宮御所に
また引っ越されたら
そのころは86歳くらい・・・

「皇太子に摂政」をしてもらって
ずっと皇居のまま、移動せず
象徴として、存在してられた方が
ここはどこ?私はだれ?
ということになりにくいと思うのだけど。

「こうたいしにせっしょう」を変換したら

「後退子に殺生」
「交代子に切傷」

と出てきて変換するのに
時間が掛かっちゃった~

陛下お誕生日
おめでとうございます。
いつまでもお元気で。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク