天皇、皇后両陛下は19日、
皇居にある皇宮警察本部の武道場「済寧館」で、
皇宮警察の創立130周年を記念する
武道大会を観戦された。

皇宮護衛官が普段から訓練を積む柔道や剣道、
弓道の真剣勝負を熱心に見守り、
勝敗が決まるたびに盛んに拍手を送っていた。

 

天皇皇后両陛下 皇宮警察の武道大会をご覧に

皇宮護衛官による武道大会ってなに?

皇宮護衛官とは皇室の方々の護衛や

関連施設の警備を担い、

武道大会は、天皇陛下の還暦などを含めた

節目の年に開催されている。

この日は弓道、柔道、剣道の個人戦のほか、

管内に御用邸がある神奈川、静岡、栃木3県警の

警察官との交流戦も行われ、

両陛下は大技が決まるたび拍手をするなど

熱心にご覧になった。

天覧試合は明治時代から行われている。

戦後のGHQ(連合国軍総司令部)体制下では武道が禁止されていた。

皇宮警察などではいち早く復活が認められ、

武道の歴史を紡いだと言われている。

馬之助の感想

GHQ体制下では武道が禁止されていたって

GHQは心底、憎たらしいわね。

それにしても皇后さまのお顔に

お疲れが滲み出ている感じで

大丈夫~?と思っちゃう~

皇宮警察の武道大会は皇居内にある武道場で

行われたから負担は少なかったと思うけど

皇太子と雅子さまが代われるものは

代わって差し上げたら

生前退位なんて、ややこしいことに

ならなったような気がするし~

また・・・

雅子さまのお父上、

小和田恒が

いつまでも判事の席にしがみつく

みっともない姿を

世界中にさらしているから、

自ら身を処すすべを

御示しになったのかも~?

な~んてね~思っちゃうんだけど~

にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ