皇后さまが特別支援学級の生徒の作品をご覧になりました

皇后さまは、
特別支援学校の生徒らが作った
工芸品の展示会をご覧になりました。


1日午前10時過ぎ、
皇后さまは、東京・日本橋の百貨店を訪れ、
「旭出学園工芸展」をご覧になりました。

会場では、特別支援学校
「旭出学園」の生徒らが手作りした工芸品、
およそ4000点が展示・販売されています。

皇后さまは、
タイルの壁かけの作品を見ながら、

「あとで作者について教えてくださいね」

などと尋ねるなど、
一点一点楽しそうに見て回り、
カエルのバッジや、さくらの箸置きなど
5点を購入されました。
また、以前購入し、
御所にも飾られているという、
ひまわりの画を見て、

「この方はどうしていらっしゃる?」

などと気にかけられていました。

皇后さまは、
皇太子妃の時代に旭出学園を訪れ、
この工芸展にも何度も足を運んでいて、
帰り際、生徒たちに
「頑張って下さい」などと
優しく声をかけられていました。
TBSニュースより(01日13:17)

馬之助の感想

皇居から東宮御所への
引っ越しが近いから

今はあまり荷物を増やせないので
たくさんは購入できないのよと
おっしゃったそうだけど

大量の荷物に段ボールが一つ増えても
影響ないから、
買ってあげたらいいのに・・

と思うけど。

でも
特別な支援を必要とする人たちの
施設を皇族が訪問するのは
いいことだとあたしは思ってるのよ。

知的障害者の親たちは
何が不安かって
自分たちが年取って死んだあと
この子たちがどうなるかってことでしょ。

障害者施設でたくさんの入居者が
殺されたり、
知らないところで虐待されていたり
残酷なニュースが流れるたびに
親は、たまらない気持ちのはずよ。

完全な自立は無理でも
訓練学校で技術を身につけ
共同作業所で寝食を共にして
作った作品を売って生計を立てて
いけるのが理想なのよ。

知的障碍者が作った工芸品

上手に作ってると思うわよ。↑

もし皇室の食器すべてを
知的障害者施設のものにしたら
皇室御用達になるわけよ。

この先、あたしが子供を持つことは
ないだろうけど
身体障害、知的障害をもつ
子供は必ず毎年生まれるし
交通事故などで
障害を負うことは
全ての人に可能性があるわよ。

まるで、
社会のお荷物のように邪険にするか
お互いうまく共生していくか・・

そのどちらかだとしたら
うまく共生していけるのが
いいに決まってるわ。

皇族方が
工芸品などをたくさん買って
宮中晩さん会に
一皿でも使われたとしたら
施設にいる人たちの人生を
変えていくと思うのだけどね。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スウェーデンの知的障害者 その生活と対応策 [ 河本佳子 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2018/2/3時点)