天皇皇后両陛下は、
明治から昭和にかけて活躍した
日本を代表する洋画家
藤島武二の展覧会を鑑賞されました。
JNNニュースより



16日午後6時前、
両陛下は練馬区立美術館に到着されました。
この展覧会は藤島武二
生誕150年を記念して開かれたもので、
およそ160点の作品などが展示されています。

両陛下は、若い頃の代表作
「池畔納涼」などの絵をご覧になり、
皇后さまは「ここはどこを描いたのですか」
「芸大の卒業制作ですか?」

天皇皇后両陛下、洋画家・藤島武二の展覧会を鑑賞その3

などと
熱心に質問されました。
また、陛下は、

天皇皇后両陛下、洋画家・藤島武二の展覧会を鑑賞その4

「近代の洋画の流れが分かるのは
素晴らしいですね」と
感想を述べられていました。(16日22:00)
最終更新:9/17(日) 16:27
TBS系(JNN)

馬之助の感想

いつもの鑑賞系のご公務だけど
陛下はジャケットをお召しの時と
そうでないときで
陛下の中では区別されているような
気がするのよ。

鑑賞系はご公務は楽しみの公務で
ジャケットスーツの時は
緊張感を持ったご公務・・
という感じかしら・・と
想像するんだけど。

動画の中で
最初両陛下が出てこられたとき
いつものように皇后が陛下の腕を
グイっという感じで
握ってられるの。

天皇皇后、洋画家・藤島武二の展覧会を鑑賞

陛下の腕を握って腕をもって
絵のほうへ
誘導されているように見えて・・・

天皇皇后両陛下、洋画家・藤島武二の展覧会を鑑賞

数年前またまた
東京、サントリーホールであった
アルヘリッチの演奏会に行ったとき
両陛下は途中から入ってこられて
陛下は途中居眠りをしてしまわれて
・・・・
お帰りになる時、
けつまずきそうになって
皇后が陛下の腕をグイっと持ち
ひっくり返らないように
助けられたのよ。
会場でわ~ってどよめきが起こったわ。
あの時のことは、はっきりと
覚えているわ。

陛下は少し
おみ足が弱られてきているのかも
しれなくて皇后は常に
気にされて、腕をつかんでられる・・
ようなきがする・・・ヮ。
皇后の陛下への愛情は
母性のようなもので・・
今や、皇室内のことは
皇后が決められて
言葉は悪いけど
陛下をうまく皇后のお考えに
なびかせて・・・
いろいろ、決まっている・・のだわね。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク