【ハノイ時事】ベトナムを公式訪問中の
天皇、皇后両陛下は2日午後、
太平洋戦争終結後にベトナムに残り、
同国の独立運動に加わった
元日本兵の家族らと
滞在先のホテルで面会された。

宮内庁によると、今回の面会は
両陛下の希望を踏まえて実現したという。


 

元日本兵の家族らと面会

両陛下と面会したのは、
フランスからの独立戦争後に
日本へ引き揚げる元兵士と同行できず、
現地に残されたベトナム人妻や
子供の日系2世ら計15人。

天皇陛下は通訳を介して家族らの言葉に耳を傾け、
一人ひとりの手を握って

「いろいろとご苦労もあったでしょう」
「どうぞお元気で」と
いたわりの言葉を掛けて回った。

両陛下と家族との交流は
予定時間の15分間を過ぎても続き、
20分ほど延長された。

この日出席した家族の中では
唯一の元日本兵妻、
グエン・ティ・スアンさん(93)は

元残留日本兵家族と言葉を交わされる天皇、皇后両陛下=2日、ベトナム・ハノイ(代表撮影)

面会終了後、
「私は戦後、長年さまざまな困難に遭いましたが、
きょう両陛下とお話しできて本当に感動し、
感謝しています」と語り、目を潤ませた。

元留学生らと懇談

ベトナム天皇皇后
首都ハノイにある文廟(ぶんびょう)で、
日本の大学で学んだベトナム人の元留学生や、
介護福祉士を目指して
近く来日する若者たちと懇談した。

両陛下は予定時間を超えて
二十数人全員と懇談した。
天皇陛下は元留学生の男性に

「両国の友好関係の増進のために、
これからいい仕事をしてください」

と声をかけた。皇后さまは

お互いに歴史を理解するよう
努めてまいりましょう」

「みなさんが新しい絆を
結んでくださることでしょう」

などと笑顔で語りかけた。(ハノイ=島康彦)

馬之助の感想

旧日本兵の奥さんは
両陛下に会えて、
ねぎらいの言葉を頂いて
長年の苦労が報われたような
感じでしょうね。
それほど、天皇皇后の有難味って
すごいのよ。

でも、旧日本兵との面談時間は当初
予定されていたのはわずか15分。
20分延長されたということだけど
それでも30分ちょっと。

あまりに短い時間だわね。

ギシギシの予定を組んで
ベルトコンベアーのように
予定が流れていっているような感じね。

皇后さまは元留学生に対して

お互いに歴史を理解するよう
努めてまいりましょう」

って・・・・

日本は悪くないのよ、
ちゃんと理解してね

の意味であればいいけど・・

日本の歴史教育が
ゆがめられているから
まず、日本でちゃんと正しい
歴史を教えていかなきゃね。

戦中に生きた人が
直接自分は見でいないのに
その真偽を確かめず伝聞を信じ、
間違った方向へ日本を
引っ張っているようで
こわいからね・・・
100歳で亡くなった三笠宮殿下は
その最たるものだったような・・・

ともかく、両陛下は
タイトなスケジュールだから
体調には気を付けられて、と
申し上げたいわ。
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ

ひとり歩きの会話集 ベトナム語【電子書籍】