皇后さま

20日に
83歳の誕生日を迎えた皇后さまは
宮内記者会の質問に対し、
文書で回答された。

天皇陛下の譲位が
迫っていることを踏まえ、
この1年の国内各地での公務について
「最後の機会かもしれない」として、
「感慨もひとしお深く」旅をした
と振り返られた。


皇后さまのご回答
皇后さまは陛下に同行し、
47都道府県にくまなく
足を運ばれてきた。
陛下が譲位の意向を示した
お言葉表明以降も
東日本大震災の被災地である
岩手県のほか、富山県、
愛媛県などをご訪問。

文書回答では
「いつにも増して
日本のそれぞれの土地の美しさを
深く感じつつ、
旅をいたしました」とつづられた。

●今月27日には、
7月の九州北部豪雨で
甚大な被害を受けた福岡、
大分両県を訪れ、
被災者を見舞われる。

●これらの被災地に向けては
「これから来る寒い季節を、
体を大切にして過ごして
下さるよう心から願っています」
と気遣われた。
ベトナム訪問
●2~3月に訪問したベトナムで
残留元日本兵の家族と
面会したことにもご言及。

「日本との間の
深いつながりを知ることができ、
印象深く、
忘れ難い旅になりました」
と記された。

●また、核兵器廃絶国際キャンペーン
「ICAN」が
ノーベル平和賞を受賞したことに関連し、
「日本の被爆者の心が、
決して戦いの連鎖を作る『報復』にではなく、
常に将来の平和の希求へと
向けられてきたことに、
世界の目が注がれること」
を願われた。

●秋篠宮ご夫妻の長女、
眞子さまのご婚約内定については
「初孫としてその成長を大切に見守ってきた」
と触れたが
感想などは示されなかった。

産経新聞

馬之助の感想

ネットで皇后さまのお誕生日の
宮内記者会の質問に対しての
回答文書を読んだけど、すごいのよ!
非の打ちどころがないわ。

被災者を思いやり
アジアの人々のことを思いやり
戦争を反省し、
核廃絶を訴え、

あまりに慈愛に満ちてられて
神様かと思ったわ。

でも眞子さまのご婚約に関しては
感想をおっしゃらず、
あっさりしたものだったわね。

マスコミの報道では
眞子さまのご結婚を
心配されているんだそうで、
その報道のあと、
否定されなかったから
ホントなのかも?とおもったわよ。

佳子さまが
リーズ大学にたってしまったことは
あっさりながら書いてるけど
愛子さまに関して記述なし~

美智子皇后は
ご自身のことを書いた
週刊誌はちゃんと
目を通されているそうで

これは違う!と思われたら
速攻、宮内庁に否定させるので
非情にわかりやすいわ。

雅子さまは、ぼろくそ書かれても、
反論されることはまれで、

愛子さまの乱暴者の同級生の給食に
薬を混ぜろと学習院に指示なさったと、
新潮か文春に書かれてしまったのだけど、
その時は宮内庁が否定した以外、
ほとんど、
何を書かれてもスルー状態ね。

今日はお祝いに皇族方や
大使がやって来て賑やかで
おめでたい一日だったと思うわ。

どうぞ、いつまでもお元気でね。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク