2017年1月14日
常陸宮妃華子さま
グランドプリンスホテル高輪にて
平成28年度
(公社)日本馬術連盟表彰式及び祝賀会に
ご出席
朝日新聞皇室7Daysより

 

華子妃殿下の2016年を振り返る

様々な行事祭祀など、

報道はされないものも多いけど、

大きな役割を担っておられるわ。

常陸宮さま がん研究貢献で表彰 パリへ出発

昨年1月、ちょうど1年前ね、

常陸宮殿下が長年の癌研究貢献に対し、

「がん対策パリ憲章大賞」を

日本人として初めて受賞されて、

両殿下おそろいで

パリにご出発されたのよね。

常陸宮殿下パリで授章式

受賞式後のレセプション

パリにて常陸宮両殿下授章式後のレセプション

常陸宮さまは御足を悪くされて

主に華子さまがご公務に励まれている最中

7月、華子さまが股関節の手術を受けたれたという

ニュースで驚いたわ。

華子さま両足の股関節の手術

常陸宮妃華子さまが

日産厚生会玉川病院を退院した、と発表した。

宮内庁によると、華子さまは以前から

股関節に痛みや違和感があり、

両側変形性股関節症と診断されたため、

7月16日に両足の股関節の手術を受けた。

リハビリを経て回復されて

その後、普段通りのご公務をされたわ。

華子さまのご出自

旧津軽藩主の津軽伯爵家のご出身で、

世が世なら、大名のお姫様なんだと

親からよく聞いてたわ。

華子さまの御母堂久子さまは

長州一門の毛利家のご出身。

香淳皇后のご実家の久邇家は薩摩派で、

明治維新のころ、

薩摩と長州はいろいろあったから

香淳皇后には華子さまと常陸宮さまの

ご婚約当初は

わだかまりがあったらしいけど

ご成婚後、

常陸宮さまご成婚

華子さまの気さくなご性格が

香淳皇后の心を和ませ、

以後、ずっと嫁姑関係は良好

だったみたいね。

華子さまと香淳皇后

凛とした美しさの華子さま

華子さまの凛とした美しさを拝見すると

やはり、元華族、伯爵家出身というのは

ものすごいことなんだと感じるわね。

美智子さま華子さま高松宮妃殿下

↑の写真では美智子皇后が、

本当に気を使っている、

小さくなっているような気がしてならないわ。

華子さまと高松宮妃殿下が

自然体でいらっしゃるだけに・・・

美智子皇后は平民出身という言い方が失礼なほど、

大財閥のお嬢様だったというのに

貴族社会は超えられない高い壁なんだわ。

高松宮妃殿下はお父上が徳川慶久(公爵)

おじいさまが徳川15代将軍徳川慶喜(公爵)という

歴史上の人物のご家系で

戦後、皇室は大きく様変わりしたのを

感じるわね。

華子さまは皇室最後のお姫さまのように

感じるのよ。

今年もお元気でご活躍、

していただきたいわね。


しょうぼう犬ドット [ リーザ・デジミニ ]
常陸宮妃華子さまご翻訳↑

にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ