デンマーク女王と夫

北欧デンマークのヘンリック殿下は、
「王」の称号を与えられず、
女王である妻と
対等に扱われていないことに
長年不満を募らせ

「私が死んだあと、女王の隣に
埋葬しないでほしい」

と訴え、波紋を呼んでいます。
NHKニュースより



83歳のデンマークのヘンリック殿下は
フランス生まれの元外交官で、
50年前の1967年に
マルグレーテ女王と結婚しました。

半世紀連れ添ってきた二人は
死後は首都コペンハーゲンの大聖堂に
一緒に埋葬されることになっていますが、
地元メディアなどによりますと、
ヘンリック殿下は

「私が死んだあと、女王の隣に
埋葬しないでほしい」

と訴えているということです。

結婚して5年後の1972年に
妻のマルグレーテ女王が「女王」に即位した一方、
ヘンリック殿下には「王」の称号や
希望する公務が与えられなかったことが
背景にあると見られています。

ヨーロッパの王室では
過去に女王の夫に「王」の称号が
与えられたことも
あったということで、ヘンリック殿下は
「妻と対等に扱われていない」として
長年不満を募らせていたということです。

ヘンリック殿下は去年、
公務を引退し、多くの時間を
みずからが所有するフランスのぶどう園で
過ごしていますが、
積もりに積もった不満が
解消されることはなかったようで、
マルグレーテ女王は
夫の希望を受け入れるということです。
NHKニュースより

馬之助の感想

妻の方が高い地位だったら、
よほど、器の大きな亭主でなければ
うまくいかないみたいね。
マルグレーテ女王のご亭主の
ヘンリック殿下は
王配の称号は与えられたけど
KINGではなかったのが不満なのよね。
それは仕方がないのよ・・・

大英帝国のフィリップ王配は
ギリシャの王族生まれで、
デンマークのヘンリック殿下は
フランス生まれの元外交官で、
外交官も立派だけど
ギリシャの王族生まれのほうが
上のように思うのよ。
でもギリシャ王族生まれの
フィリップ王配も生涯王配で、
国王ではなかったわよ。

エリザベス女王の夫、
フィリップ王配は
先ごろ引退を表明し、
最後の公務を終えたけど、
浮気するだけでなく
恐ろしい毒父だったらしいわよ。

フィリップ王配は毒父だった

妻より下の立場ってのは
ストレスフルなのね。
お気の毒・・・
だけど、情けない男ね。


凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク

嫉妬のお作法 (Forest 2545 shinsyo)
[ 川村佳子 ]