高円宮家所蔵の約200点が並ぶ
「高円宮家根付コレクション展」
(小国神社主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が30日、
森町一宮の同神社で開幕する。
29日には高円宮妃久子さまによる
記念講演と式典が開かれた。


同神社によると、根付は
江戸時代に男性の着物の帯に印籠や
たばこ入れなどを
つり下げるために使われた小さな留め具。
洋服文化の定着で国内需要は減ったが、
海外中心に美術品として再び注目を集めている。

「手のひらの小宇宙」と題した
町文化会館での講演で、
久子さまは自身が
各地で根付とともに撮影した写真を用いながら
コレクションを解説された。
その上で
「伝統技術が詰まっている根付は、
日本文化の象徴と言える」と述べた。
静岡新聞より

馬之助の感想

根付のためなら
秋田でも静岡でも全国どこにでも
飛んで行かれて
式典で挨拶される久子さま~

式典であいさつされる久子さま

「手のひらの小宇宙」と題した講演は
同じ題で秋田でもされていて
もしかして毎回同じ内容?
なんてことないわよね~?

なんで高円宮家が貴重なものを
たくさんコレクションできているの?

高円宮家がコレクションしたものを
全国で公開して講演して
自分で仕事を作っているって感じ~

これって公務なの?私的活動よね?

伝統を守り、伝えることは大切よ。
でも、高円家の久子さまがなさるとなると
なんともきな臭くってえ~

「伝統技術が詰まっている根付は、
日本文化の象徴と言える」

と久子さまは思ってられるのだから
高円宮家で所蔵しないで
どこかに寄贈されたら?

そしていつでも
みんなが見れるようにされたら?
【中古】買占め (1961年)
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ