眞子さま2018年新年

眞子さまの
3月4日に予定されていた
一般の結納にあたる「納采の儀」まで
約1カ月を迎えた中での突然の決定。

宮内庁関係者や
ゆかりの人々は戸惑う一方、
お二人の気持ちを
おもんぱかる声も聞かれた。


ある宮内庁関係者はこう打ち明ける。

「昨年12月に『週刊女性』が
小室さんの母親の
借金トラブルを報じて以降、
眞子さまは宮邸の自室に
閉じこもりがちになられた
そうです。

小室さんが母親の問題について
“知らなかった”と、

眞子さまに詳しく
説明していなかったことに
かなりショックを受けられたとのことです。

馬之助

小室圭は秋篠宮殿下にも
借金トラブルは全く知らなったと
嘘の弁明をしようとしたし、
眞子さまは彼に騙されていたことに
ようやく気付き、ショックを受けて
おられるんだわ・・・


昨年の『週刊女性』12月26日号は、
小室さんの母・佳代さんが、
婚約していた男性から
400万以上の返却を
求められているという
“借金トラブル”を報道。

母親個人の借金なら
小室さんとは関係ない話だが、
そのお金が小室さんの
留学費用などに使われ、
小室さん自らが男性に
「贈与」なので返す意思がない旨を
述べている内容だったーー。

「眞子さまは
食欲もなくなってしまわれた
ようで、

妹の佳子さまは英国に留学中で
相談相手もいない状態。

結婚の裁可をされた
天皇陛下や美智子さま、
見守ってくださった秋篠宮ご夫妻にも
申し訳が立たず、
かなり憔悴されていたようです。
(ある宮内庁関係者)

1月2日の新年一般参賀では、
眞子さまに祝福の声が多く挙がったが、
表情が固かったのは、
そんな事情があったからかもしれない。

『週刊女性』2月6日号では
佳代さんが男性との交際期間中に、
彫金師の男性とも
付き合いがあったことも報じた。

「お仕事優先とのことだったようですが、
眞子さまは
大切な宮中祭祀と
過去に出席された恒例の行事に
お出ましにならなかったので、
いかがされたのかとは思っていました」

と明かすのは宮内庁担当記者。

眞子さまは、1月30日に皇居で行われた
「孝明天皇例祭の儀」と3日後の
「関東東海花の展覧会」に参加されず、
心配する声、も挙がっていたところだった。
週刊女性プライムより抜粋

馬之助の感想

眞子さまは小室圭が

・ウソを言っていること、

・隠し事があること

に、ようやく気付き、
ショックを受けてられるでしょうね・・・

でも今気づかれて本当によかったわ。
「納采の儀」が終わったら
もう引き戻せなくなるからね・・

必ず出席されている祭祀
「孝明天皇例祭の儀」に姿を見せず
「関東東海花の展覧会」には
秋篠宮殿下がお出ましだったわね・・

秋篠宮殿下花の展覧会をご覧になった

結婚する前からこれだけ
トラブルがあれば
結婚後はどうなることか・・

付き合い始めた頃に
どういうお相手か調べておいて
お付き合いそのものを
やめていたら、ここまで
秋篠宮に恥をかかせ、
眞子さまを傷つけることは
なかったのに・・

2020年に延期ということだけど
(多分おの間に破談となると思うわ)
この2年間も
小室圭にSPがつくのかしら?

普通の神経なら辞退するだろうに
秋篠宮殿下に嘘の言い訳をして
何が何でも結婚しようとするくらなら
破談にするにもこじれそうね~

皇族の結婚だけでなく
平民も誠実でなきゃだめだわよ。

いったいどうなるのかしら~
ブフフフフフ~
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク