宮内庁の西村泰彦次長は9日、
雑誌「月刊テーミス」1月号に掲載された
常陸宮さまの発言として紹介した記事を
「事実無根」と否定し、
口頭で抗議して
記事の撤回を求めたと明かした。
共同通信が報じた。
LiveDoorNewsより



対象は
「常陸宮さま
『たった一人の反乱』」
と題した記事で、
常陸宮さまの
天皇陛下の譲位日を決めた
昨年12月の皇室会議で、
会議での発言として

「陛下は憲法を改正して
制度的に辞められるようにしてほしい
と思っておられる」

などと記述したもの。

西村次長は
「天皇陛下の退位に関わる話で
宮内庁として看過できない」
と理由を述べた。
LiveDoorNewsより

馬之助の感想

テーミスは
本屋では買えない月刊誌で
もちろんdマガジンもなし。

そこに皇室会議の様子が
レポートされてても
読んでないからわかんないんだけど・・

テーミスサイトに
目次が出ているけど

【社 会】 皇室会議 常陸宮さま「たった一人の反乱」

なぜメンバーでもない菅官房長官が
皇室会議に出席したのか。

会議の数日前、
皇族議員の常陸宮さまに
議題などを説明にきた担当官に、

「私はテレビニュース以上の情報は
何も知らない。
経緯を知りたいので
交渉担当者を呼んで下さい」と迫った。

本番の会議では常陸宮さまから
厳しい質問が相次いで……。

とまで書いて思わせぶりな~~

「陛下は憲法を改正して
制度的に辞められるようにしてほしい
と思っておられる」

と、常陸宮殿下がご発言
されたということで
それを含めて
宮内庁が否定したんだろうけど

”天皇を辞められるように
恒久的制度にしてほしい。
恒久的でなければ意味がない。”

と、天皇がおっしゃっていると
報道されていたから
常陸宮殿下がご発言されたかどうかは
定かではないけど

「陛下は憲法を改正して
制度的に辞められるようにしてほしい
と思っておられる」

というのは事実でしょ。
でもその中の

憲法を改正して

という部分が
問題なんじゃないかしらね。

皇室会議に出席した人たちは
みんな、この記事が事実か否かを
知っているでしょうど・・・

テーミスの佐々木重敏発行人は
産経新聞の取材に対し、
「事実は記事に書いてある通りです」
と話しているらしいけど
一体誰からこのネタを
仕入れたのかしらね。

全く火のないところに
煙が立ったのか

火のないところは
煙が立たないから事実なのか・・

それはわからないけど
宮内庁は天皇皇后に関する記事は
気に入らなかったら速攻、
抗議するのよね。

抗議が入った記事は
ウソの記事で・・

抗議が入らない記事は
事実と思ってOKなの?
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク