してやったりの小室圭小室佳代親子

毎週木曜日は週刊文春新潮
女性自身が発売だから
いろんなネタ満載なんだけど
小室圭親子が
アメリカ留学をぶち上げたことで
今週号の内容は特に濃い~
ということで、
3誌いっぺんには書けないので
まずは週刊文春
前編をまとめてみるわ~
(あくまでも週刊誌情報をもとに
個人的意見を書いているので
適当に読んでね~)




上の写真は7月2日午前7時。
小室圭佳代親子の出勤風景。

馬之助

この親子は早起きだから
その点はえらいと思うわ。


前を歩く
黒のスーツに黒いカバンをさげた
男性は小室圭氏(26)

週刊文春小室圭

顔だけ拡大するとこれ。

小室圭目立ちたがり

馬之助

マスコミが集まると、
嬉しいのかしらね?この表情。
毎日、ご苦労様~とでも
思ってる?
なんとなく人を小ばかにした表情で
めっちゃ、ムカつく。
アナウンサーを志望したり、
元々すごく目立ちたがりだから
注目されることに喜びを
感じているんでしょ。


後ろを歩くのは母、小室佳代氏。

週刊文春小室佳代

水色のワンピースに
エメラルドグリーンのカーディガンを
肩掛け。

馬之助

この時のと同じのを着てる?


右足首にはアンクレット、

週刊文春小室佳代の足

馬之助

アンクレットって何かと思ったら
足輪のことね。それにしても、汚いナマ足ね・・
虫に食われたあとだらけじゃないのさ!


サングラス姿の小室佳代氏(51)
馬之助

週刊文春小室佳代拡大
自信に満ちた表情で
”圭がアメリカで弁護士になったら
もう誰にも文句を言わせない!
眞子を嫁に迎えて一時金をゲットし
NPO法人理事など役職を圭がして、
楽して暮らせるわ!
今まで不遇だったのは運が悪かっただけ。
やっと運が向いてきたわ!
してやったり!”ってふうに見える~


今年の夏からアメリカ留学し
弁護士になる予定の小室圭氏~

結婚は延期となったけど
眞子さまとの結婚の意思は変わりなし~

馬之助

これ以上の逆玉は
もうこの先ないので
絶対に逃さない、放さないと
おもってそう~


週刊誌などのバッシングにもめげず、
何が何でも強く
前進あるのみのこの親子。

6月10日には秋篠宮邸で
ニューヨークのロースクールに
通うことを報告。

渡航費用は
都内の法律事務所が生活費などを
出してくれて
学費は一部奨学金。

金は全部、人に出させて
世の中を渡っていく親子~

バッシングにめげず
ハングリー精神で前進あるのみの
絶対にうつ病にならないこの親子。

「どうだ!僕が弁護士になったら
もう、誰も文句言えないだろ!」

と思ってそう。

でも、国民に愛される皇室・・
国民と共に・・がスローガンなのに
1億人に嫌われてどうする?

それとも未来の天皇の姉と
婚約しているということを
最大限に利用して
周囲に金を出させて
アメリカに留学し、
利用するだけ利用したら、
元々、眞子さまは利用しただけだから
結婚できなくてもOK?

スパっと、破談にはしてくれず
長引きそうね・・・
秋篠宮殿下紀子さまの責任は
大きいわよ。

凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク