週刊文春本文小室圭佳代留学問題

★借金を返す気はあるのか?
★将来はどうやって生計を立てるのか?

何度尋ねても納得できる
お返事が出来なかった小室親子~

もとはと言えば
こんな男との付き合いを許し
婚約内定会見まで
してしまったのは
両殿下の甘さ。

その両殿下に向かって
留学の話を初めてしたのは
今年の春。

秋篠宮料理殿下にとって
寝耳に水だったそうで。
ということは
両殿下が小室圭をアメリカに
追いやったのかと思ったけど
違うわね。

小室圭佳代親子は
秋篠宮両殿下に相談なしで
勝手に留学を決めたみたいよ。




      

勝手に留学を決めた小室圭

・6月10日、小室親子が秋篠宮邸を
訪問しているけど
留学について説明を求める
事情聴取だった。

・小室圭の意思に変わりはなかった。

予想外の展開になった小室圭との関係

・3年も留学するのであれば
結婚のスケジュールに
影響を及ぼさざる得ない。

・皇室には小室圭を
海外に行かせてしまって
結婚を自然消滅させようという
考えもある。

・小室圭は将来
外国企業と日本企業の商取引を
扱う仕事をしたがっている。
皇室はそこの目をつけ、
日本と取引の多い国の企業に
就職させる手配をしたら
どうかということである。

馬之助

仕事を世話してから
破談にしなかったら
マスコミにどんなことを
垂れ込むかわからないものね・・

入学するのはフォーダム大学ロースクール

・日本では知名度はないが少数精鋭の大学。
日本人が極端に少なく
渦中の小室圭には最適。

・小室圭が留学を決意したのは
婚約内定会見後、この半年ほどのこと。

馬之助

マスコミが小室家の秘密を書かなかったら
そのまま結婚するつもり
だったんでしょうけど
このままでは危ういし
ここまでバッシングされて悔しいので
一発逆転、
日本の司法試験は難しくて
歯が立たないので
アメリカの司法試験を受けることに
しましたってさ。


・ロースクールの1次試験に当たる
”LSAT”が行われたのは3月11日。
弁護士事務所でお茶くみして
一橋大学社会人枠の大学院に
通いながら準備を密かにしていた。

最大の難題留学費用

・フォーダム大学の学費は
年間59000ドル。
日本円で約650万円!

・3年間で1900万円以上

・寮での生活費、
教科書代などの諸経費を含めると
3年間で2900万円超。

小室圭を支援する二人の弁護士

・一人は勤務先の法律事務所所長
奥野善彦氏(82)
40名の弁護士を抱える
老舗事務所所長。

小室圭を支援する奥野弁護士
企業再生のプロとして名を知られ
整理回収機構の三代目社長も務めた。

馬之助

整理回収が専門なんだから
小室佳代の元婚約者に金を返すよう
小室圭に言ってあげて。
借金は母親の問題で
小室圭には関係ないと
おっしゃっているそうだけど
整理回収する時には
返してもらえるところなら
どこからでも回収しようとするのでは?


・小室圭は仕事先では評判がよく
とりわけ雇い主の奥の弁護士は
働きぶりに目を細めている。
「小室くんはいい男だ」と言っているらしい。

馬之助

なんだかんだ言って
82歳でしょ・・
小室親子は人たらしだから
おじいちゃんを懐柔するのは
お手のものなんじゃない?

奥野弁護士、週刊文春の取材に答える

・学費については小室圭は優秀だから
大学からの奨学金で免除された。

・奥野弁護士は生活費だけ援助する。

・小室圭はパラリーガルではなく
国際弁護士、渉外弁護士になりたいと
言っている。

日本での弁護士資格を有していないと、
日本国内においては
なんの資格も持っていない一般人と変わりません。
どうせ国際弁護士としての
肩書きを名乗るのであれば、
日本の弁護士資格を取得した上で、
海外での弁護士資格も取得をし、
活動していたほうが
恰好もつくのではないかと
個人的には感じます。
https://bengoshihoken-mikata.jp/archives/2281より

留学の相談をしたもう一人の弁護士

・ICUの先輩でアメリカ在住の
立川珠里亜氏。
http://www.icualumni.com/interview/guest054.html

・奥野法律事務所を紹介したのも
立川珠里亜氏。

米国の司法試験は難関(ネイティブでない場合)

・ロースクールには
3年コースと1年コースがある。

・法学士の資格がない小室圭は
3年コース
ゼロから3年かけて法律を学ぶ

・NY州の司法試験は
外国人の合格率は低い

馬之助

英語がネイティブでない場合はね。
小室圭は英語はお得意なんでしょ?
ネイティブは80%の合格率らしいから
合格してしまう可能性が高いわよ。


・もし試験に通っても少なくとも
2年以上の実務経験が必要になる。

・奥野弁護士は
結婚は学生でも出来ると言っている。
一時帰国するか
その辺は眞子さまと二人で相談して
決めたらいい。

馬之助

学生では生活が成り立たたないから
問題になっているんでしょ?


以上週刊文春より

馬之助の感想

奥野弁護士って
かなりのお爺ちゃんだわ。
82歳だものね・・・
弁護士や開業医には定年がないから
100歳までやろうと思えばできるのよ。

奨学金の一部は返済免除の
大学みたいだけど
全額返済不要ではないでしょ。

もし資格が取れてもその後
2年間はアメリカで実務をして
帰国したころには
奥野弁護士は黄泉の国に
行ってるかもよ。

奥野弁護士事務所の後継者が
奥野弁護士ほど、寛容な人かどうかも
わからないし・・・

文春の記事、
「裏切りの留学」とあるけど
別に裏切りでも何でもないでしょ。

それは小室圭が眞子さまと
別れるつもりなら
そうなるだろうけど
プリンセスの婚約者だということを
最大限に利用してロースクールに入り
事務所の所長に金を出させて
帰ってきたときにはまた奨学金という
借金も増えているけど
日本では役に立たない
米国弁護士という肩書を
フルに活用し
眞子さまと結婚するつもりでしょ。

平和な高円宮久子さま絢子さま守谷慧さん

記事の後半では
皇室王道の結婚相手の選び方が
書いてあったわ。

久子さまはただの遊びで
ひな祭りパーティや
ワイン会を開いているのではなく
人脈を広げ、娘の結婚相手を
探してたのよね。凄いわ。
彬子さま瑤子さまのお相手も
探してあげて。

小室圭の母佳代週刊文春

秋篠宮殿下紀子妃殿下には
歯が立たない相手に
眞子さまが引っ掛かってしまって
ホント、どうするの?

凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク