とどまるところを知らない
小室圭小室佳代借金問題~

今週も週刊文春
女性自身など
小室佳代の借金おねだり情報
満載よ~



      

 

週刊文春

週刊文春小室圭と佳代親子

先週の週刊新潮に続き
小室佳代氏の元婚約者に対しての
おねだりメールが暴露されているんだけど
そのメールを公開する婚約者に対して
批判が出ているらしいわ。

小室佳代の元婚約者の経歴

・秋田県出身

・高校卒業後上京

・スイスの高級時計店で修行

・スランス系メーカーで働き40年。

・主に万年筆の修理の仕事をしてきた

・昨年突然、パリの本社から
雇用契約打ち切りを言い渡される

・半年間の猶予を与えられたが
その間の給与は半額。

・当時の住宅ローンの
返済が出来なくなった。

・慌てて新し住まいを探し
今のアパートへ引っ越した

・車も手放した。

・小室佳代に貸した
400万円がてもとにあればと
思うようになった。

・それを友人に話すと
それはひどい、任せてもらっていいか、
というので任せたら
女性誌に話が伝わっていた。

放射能を避けて九州に避難していた小室親子

東日本大震災の時の
福島第一原発の放射能問題があったとき
小室圭佳代親子は
自分たちだけ博多に避難。

元婚約者には
新横浜まで送らせ
向こうでの生活費
10万円を振り込ませている。

さすがに悪いお思ったのか
東京での物資不足を思いやって
米、トイレットペーパー、焼きのり
カーリックラスクを送ってきたらしいわ。
でもそれを買ったお金の出どころは
元婚約者でしょ。
しかも着払いだったらしいから
大笑い~

新幹線のチケット代金ですら
払わされたみたい・・・

週刊文春のまとめ

元婚約者曰く
「返済のため宮内庁のお金は使えない。
それは税金だから。
本人が働いて返せるはず。
少額ずつでも
変わる意思を示してほしい」

女性自身

女性自身小室圭眞子さま小室圭

秋篠宮殿下は結婚賛成のご意向

なんと驚くことに
秋篠宮殿下は
「僕は眞子の結婚を応援してやりたい」と
おっしゃっている。

結婚までのハードル

・借金問題について
相手が納得する形で
折り合いをつけること。

・資格や取得や就職で
しっかりとした生活の基盤を築く

馬之助の感想

小室佳代氏が
元婚約者に送ったとされるメールは
どの週刊誌も同じ内容だから割愛。

福島原発事故では
幼い子供がいる人など
西へ避難したくても
経済的な理由などで
その場にとどまったのだけど・・

気持ちはわかるけど、
小室圭はその時すでに大人だったのに
母息子で博多に避難し
新幹線代金も生活費も
元婚約者におねだりするとは
何だかな~と思うわね。

先週の週刊新潮にも
書いてたけど
秋篠宮殿下が眞子さまの結婚を
応援してられるとは
少々、驚きだわよ。

独身の女性皇族は
佳子内親王殿下、
愛子内親王殿下をはじめとして

彬子女王、瑤子女王
承子女王、絢子女王

6人おられるけど
結婚相手選びは
ますます厳しくなるわね。

それでなくても
彬子女王、瑤子女王
承子女王、絢子女王の
4人の方たちは
厳しそうなのに・・・

愛子さまの進学先も
やはり学習院になさったほうが
無難だと思うわ。

戦後、平民にも開放されたけど
学習院は元々、皇族華族の学校だから
ご学友の選定などしてくれるでしょ。

変な虫がつきにくいわよ。

悠仁親王も
渋渋とか筑波とかに進学
させたがっていると報道しているけど
学歴競争している
卑しい平民と席を並べるのではなく
皇族としての気品を身に付けることを
最優先してほしいわね。

みなさま、優秀でいらっしゃるのよ。
東大に進学しなくても
わかっておりましてよ。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク