週刊新潮雅子さま批判

木曜日は週刊新潮文春の発売日。

最近の各週刊誌は
来年に即位を迎える皇太子と
特に雅子アゲアゲ記事が目立ち、

この16年間
日中の公務をブッチし
その夜に花火大会に行ったり

犬の主治医夫妻と
高級レストランで食事をしたり

終戦記念日にテニスをしたり

莫大な税金を投入して
オランダに遊びに行ったり

毎年ホテルを借り切って
スキー静養をしたりと

散々遊び放題を
してきたくせに

最近ちょっと
公務に出てくるように
なっただけで
帳消しになったのかと
思われる賛美の記事ばかり・・・

皇太子妃って気楽な商売ね…
と思っていたら
週刊新潮がかつての
皇太子による「人格否定会見」など
雅子さまと皇太子のお振舞を
蒸し返して書いてくれて
ちょっと留飲を下げっちゃった~



      

 

皇太子と雅子さま結婚25年

6月9日に発表された文書

・皇太子
「雅子に結婚10年の折の
努力賞と感謝状に加え、
銀婚式にちなんで銀メダルを贈りたい。

馬之助

皇太子は本当にめでたい方だわ・・・


・雅子さま
銀メダルをやるよと言う皇太子に
寛大な方だと応える雅子さま~
馬之助

16年間ゴロゴロしていた雅子さまが
銀メダルをもらえるのなら
浅田真央があまりに気の毒だ==!

皇太子による人格否定発言

・雅子は
外交官としての仕事を断念して
皇室に入り
国際親善を皇族として
重要な役目と思いながらも
なかなか許されなかったことに
大変苦悩している。

馬之助

外務省には
親父の小和田恒のコネ入省。
雅子さまはあんまり
優秀な職員ではなかったと
どこかで読んだけど・・・
外交官としての仕事を断念して
というほどではないのでは?


・雅子さはこの10年自分を一生懸命
皇室の環境に適応させようと
努力してきたが
私がみるところそのことで
疲れ切ってしまっている。
馬之助

紀子さま、久子さまなど
あっという間に
適応されている妃殿下はいるわよ。
10年かかっても
適応できないということは
向いてないということだから、
その時点で
皇太子妃をおやめになったら
よかったのに・・・
今からでもどうぞ、
お辞めになって・・・


・それまでの雅子のキャリアや
そのことに基づいた
雅子の人格を否定する動きが
あったことも事実である。

人格否定発言は誰に向けて発したものか?

・ご成婚当初から
「外遊はともかく早くお世継ぎを」
の空気が支配しており
その雰囲気を醸成しているであろう
両陛下、とりわけ皇后美智子さまに
向けたものでは?との見方が広がった。

雅子さまは気が強すぎる

・人格否定発言の説明文、
つまりは釈明文を皇太子が出す少し前
皇太子の真意を伺うべく
電話をかけてきた当時の東宮大夫に
雅子妃は
「そんなことをするなら
私は皇太子妃を辞めます」

と言い放ち、
一方的に電話を切って
傍らの皇太子に
「はっきり申し上げましたよ」
と報告した一幕もあった。

馬之助

ここまで言うのなら
皇太子妃、辞めたらよかったのよ・・・
離婚するか、一宮家に
皇太子と共に今からでも
なり下がればいいのに・・

秋篠宮殿下も兄批判をした

・記者会見で発言する前に
陛下と内容について話して
その上で記者会見で
話すべきだったと思うと
おっしゃった。

馬之助

陛下や皇后に世継ぎはまだか、
まだ、こどもは出来ないのかと
せっつかれ、それを批判したのだから
陛下に相談出来ようはずは
なかったんでしょうけど・・ね。

陛下の子を期待しているよに激怒した雅子さま

・陛下が
「国民はみな、あなたたちの子を
期待していますよ」
とお言葉を掛けられたことに
激怒したといわれる雅子さま。

雅子さまは
「私の周りにはそんなことを言う人は
一人もおりません」
毅然と言い放った。

馬之助

陛下は言い返されたことなんて
ご経験がないと思うので
驚かれたでしょうね。
陛下に向かってよ~やる~

愛子さまが生まれても事態は何一つ進んでいない

‥愛子さまが生まれ、記者会見で
涙ながらに
生まれてきてくれてありがとうと
雅子さまはおっしゃたが
愛子さまが生まれても
内親王だから
世継ぎがいない事態に変化なし。

・世継ぎはいないままなのに
出産から1年で外遊に復帰

NZと豪州訪問前の会見で外国行きたい病を告白

・結婚前は頻繁に外国に行っていた。
それが自分の生活の一部だった。

・外国訪問が出来ないことに慣れるには
正直言って
その状況に適応するのに
努力が必要だった、と
雅子さまが発言。

そんなに外国に行きたいのか?

メディアでは
そんなに外国に行きたいのかとの
論調が目立ちはじめ
その後、雅子さまが信頼していた
高円宮が急逝。
雅子さまは次第に
居場所を失いつつあった。

03暮れに帯状疱疹
04の皇太子の人格否定発言に
繋がっていった・・・

人格否定発言の翌月に
適応障害と発表されて
本格的な療養生活が
始まり今に至る・・・

16年間記者会見をしていない雅子さま

・銀婚式に際してマスコミは
3か月前から宮内庁に
夫婦そろっての記者会見を
申し入れていたが
受け入れられなかった

・新皇后となっても記者会見は
しないつもりだろう。

・外国訪問前には
記者会見をするのが慣例だが

今年9月には友好160周年を記念した
皇太子の渡仏に
雅子さまは同行するつもりのようだが
会見は皇太子だけで
雅子さまの会見は期待できない。

以上、週刊新潮箇条書き

馬之助の感想

この16年間、ご気性のキツイ
雅子さまの御様子について
週刊誌はまるで見てきたかのように
書いてきて、
楽しく読ませていただいて
来たけど
新皇后が目前となると
今までのことはなかったことのように
雅子さま賛美ばかりになって
何じゃこりゃ、と思っていたけど
週刊新潮が
これまでのお振舞を書いてくれて
ほっとしたわ。

長期のウツ状態に至る一番の原因は
世継ぎが出来なかったこと。

世継ぎが出来ないので
不妊治療を受けさせられて
そのため管理がしにくい
外国訪問は後回しになり
雅子さまはストレスを募らせた。

ってことなんだろうけど、
皇太子妃は世継ぎを産むのが
第一の仕事で
国際親善なんて
高円宮久子さまでも
それなりのことは出来るのよ。

わかってたかもしれないけど
世継ぎどころか
子供がなかなか
出来なかったからね・・・

あたしに子供が出来ない苦労は
わからないので
何とも言えないけど
雅子さまもちょっと、覚悟が
足りなかったわね。

皇族は絶滅危惧種で
絶滅危惧種は
生殖能力が衰えていて
なかなか次世代の命を
授かれないから
余計に心して皇室に
入るべきだったわね。

結婚するまでは
なんでも思い通りに事が進み
困ったことはパパが解決してくれて
雅子さまは苦労しらずの
人生を送ってきたので
世継ぎができないという
人生初の挫折に打ち勝つことができず
16年間もご静養していたのよね・・・

でも挫折をしてこそ人間に
深みが出来て
いいのものなんだけどね・・

あたしなんて挫折ばっかりの人生よ。
あたしの人生は深いわよ~

今年9月には友好160周年を記念した
皇太子の渡仏に
雅子さまは同行するつもりって
厚かましわね。

どうぜ中抜けばっかりの
フランス旅行を
楽しんでくるんでしょうね。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク