三笠宮百合子さま
宮内庁は、
三笠宮妃百合子さま(94)が
心臓ペースメーカーの交換のため、
今月8日から聖路加国際病院に
入院されると発表しました。
TBSニュースより



宮内庁によりますと、
百合子さまは体内に入れている
心臓ペースメーカーの電池が消耗したため、
8日に聖路加国際病院の内科で
ペースメーカーを交換する手術を受け、
翌日9日に退院されるということです。

百合子さまは、
およそ20年前の1999年5月から
徐脈性不整脈のため
心臓ペースメーカーを使用していて、
これまでに2回交換手術を
受けられています。
TBSニュースより

馬之助の感想

百合子さまもご長寿ね~
徐脈性不整脈の説明は
こちらに詳しく書いてあったので
御覧になってね。

http://www.akita-noken.jp/pc/patient/heartandvessels/id3351.php

高齢になられても
百合子さま、美人ね
いつまでもきれいだわ。

故崇仁親王は100歳まで
長生きされたし

三笠宮崇仁親王

人は恵まれた生活をしていれば
ご長寿が可能なのね~

百合子さまは
ご立派な家系の方なのね。

父親:高木正得
母親:高木邦子

高木家は
織田信長、豊臣秀吉、
徳川家康に仕えた武家で、
江戸時代は
河内国丹南藩1万石の大名であった。

馬之助

百合子さまのお父様の先祖は、
徳川家康に仕えた武家
ということなんだけど・・・
と、いうことは・・

高松宮妃故喜久子さまは
旧姓徳川喜久子。

喜久子妃殿下

公爵・徳川慶久の次女で、
徳川最後の将軍徳川慶喜は
直系の祖父。

百合子さまのご先祖は
喜久子さまのご先祖の
家来だったってことね。

喜久子さまの母堂は
有栖川宮威仁親王の
第二王女である實枝子女王だから
宮家のお血筋。

百合子さまは
高松宮喜久子さまより、
身分的には下の
ご出身だったってことね。

平民には同じ華族なんだけど
宮中では微妙な違いで
上下関係が出来ていたかも。


百合子さまの母堂邦子は
入江為守子爵の娘で、
弟は侍従長入江相政がいる。
(百合子の叔父にあたる)。
馬之助

有名な『中古』入江相政日記 第1巻の著者。
長らく侍従長をされていたわ。

入江家は
藤原北家の支流・冷泉家の流れを汲み、
中世の大歌人藤原俊成や
藤原定家を祖先とする
歌道の家だった。
wikipediaより

ご立派なご家系だけど
お悲しみの多い人生でもあったのよ。

百合子さまの父高木正得は
昆虫学者であったが
華族制度廃止に落魄し、
1948年(昭和23年)7月8日、
遺書を残して失踪、
11月1日に東京都と山梨県の県境にある
西多摩郡氷川町(現・奥多摩町)の
七ツ石山の中で首つり自殺の
白骨死体となって発見された。

馬之助

華族が平民になり下がるのは
サッカーJリーグ1部から2部に
降格する悲しみどろこじゃないわね。
J2に降格してもまた頑張れば
J1に復帰できるけど
華族制度が廃止になってしまったら
もう二度と特別な身分には
戻れなくなってしまうのだからね。
見下していた下界の人間と
同等になってしまう悲しみ・・
如何ばかりであったか・・・


遺書には
インフレ等による生活苦がつづられており、
生活力の無い華族が淘汰されることを
国民に印象付けた。
wikipediaより

お悲しみはそれに終わらず・・・
3人もいらした
皇位継承権をもつ親王に
先立たれているわね。

第1男子-寬仁親王(ともひと)
2012年(平成24年)没

お若いころの故三笠宮寛仁親王殿下

第2男子-桂宮宜仁親王(よしひと)
2014年没

故桂宮殿下

第3男子- 高円宮憲仁親王(のりひと)
2002年(平成14年)没

高円宮殿下

3回目の
ペースメーカー取り換えをするほど
ご長寿でめでたいことだわ。

聖路加病院は皇族であれば
万全を期した体制で
臨んでくれるだろうから
無事取り換えが完了し
またご長寿記録を更新できるわ。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ