三笠宮崇仁親王殿下が100歳で亡くなり

真っ赤な殿下ではあったけど

皇族が減っていくのは寂しいものだわ。

 

2016年最後の新年一般参賀

三笠宮両殿下

崇仁親王は100歳。

百合子妃殿下は92歳。(1923年6月4日生まれ)

ご体調は万全でないと思われるけど

新年一般参賀では立ち上がっておられるわ。

5月16日三笠宮崇仁殿下が肺炎でご入院

昭和天皇の弟で、

昨年12月に100歳を迎えた三笠宮さまが

16日午後、急性肺炎のため、

東京都中央区の聖路加国際病院に入院された。

宮内庁幹部によると、意識ははっきりしているという。  

宮内庁宮務課によると、三笠宮さまは3~4日前から、

せきなどの軽い風邪の症状があった。

16日になって微熱が確認されたことから、

聖路加国際病院を受診したところ、

急性肺炎と診断され、そのまま入院した。  

三笠宮さまは、3人いる昭和天皇の弟のうち末弟で、

天皇陛下の叔父。 明治以降の皇族としては最長寿という

デイリースポーツより

10月27日三笠宮崇仁さまご逝去

 昭和天皇の末弟で天皇陛下の叔父にあたる

三笠宮崇仁(みかさのみやたかひと)さまが27日午前8時34分、

東京都中央区の聖路加国際病院で亡くなられた。

死因は心不全。100歳だった。

急性肺炎のため5月から入院していた。

戦時中は旧日本軍の大本営参謀などを務め、

軍紀の乱れや残虐行為への反省を促す発言をしていた

ことが戦後に明らかになった。

馬之助の感想

100歳とはものすごいご長寿だったわね。

三笠宮崇仁殿下は

戦時中旧日本軍の大本営参謀を務められ

南京大虐殺があったと、部下から聞かされ

実際にご自分の目で見てもいないのに

中国に謝罪すべきだとか

日本を貶める発言を繰り返されたのよね。

その部下も実際には見てないはずよ。

南京は当時20万人の人口で

どうやって30万人も殺すのか??

(日本軍が30万人を虐殺したという嘘が

出回っているのは情けないことね)

この矛盾をどのように理解されていたのか

それも併せてお話しいただけたらよかったのに、

と思いましたわ。

聖路加病院には5月にご入院されて

肺炎は回復したけれど、大事を取って

ずっとご入院されていて、亡くなったのは10月。

半年近くのご入院でしたわ。

一般人は急性期の病院の場合、

老人などは3か月ごとに転院しなきゃならないのよ。

実際は3か月どころか

入院したとたんに、療養型の病院を探せ、探せと

看護師から矢の催促で

まだ熱があっても出て行け出て行けなのよ。

今の診療報酬が急性期を過ぎた老人を

3か月以上入院させたら

お金にならない制度になっているのよ。

でも三笠宮さまは聖路加病院の特別室で

半年近く手厚い介護をお受けになれて

本当によかったと思うわ。これからは、

天国で信子さまや彬子さまの確執を

お見守りになって。
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ