小室圭

3日に秋篠宮家の長女眞子さまと
婚約が内定した小室圭さんが勤務する
東京都中央区の
奥野総合法律事務所・外国法共同事業によると、
小室さんは約20人いる
一般事務員の1人として勤務しており、
得意の英語を生かし、
契約関係の書類などの英訳を担っている。
事務所の幹部は、
「真面目で
どんな仕事も嫌がらず引き受ける
といい、

お茶入れや電話応対

なども積極的にこなしているという。



小室さんが入社したのは昨年8月。
小室さんがICU時代に米国留学した際、
交流を深めたという米国・カリフォルニア州の
立川珠里亜弁護士からの紹介だった。
採用面接の際、小室さんは
「夜間大学に通いつつ、
法律事務を扱える会社で働きたい」と
志望動機を述べた。

他の若手社員らとの飲み会にも参加し、
二次会にも顔を出す。
昨年10月に高知県に
社員旅行に出かけた際は、

撮影係として
カメラを片手に走り回っていた
という。

通っている一橋大大学院は
来春卒業する予定。
幹部によると、

眞子さまとの婚約後も
「同事務所で働き続けたい」

との意向を示しているという。
朝日新聞より

馬之助の感想

婚約内定会見では胸を張って
正規職員として勤務と言ってたけど
お茶くみも、してるのね・・・

会見前は週3日のパートだと
言われていたから
何が何でも正職員だと
アピールしたかったのね。

普通、正職員です、なんて
わざわざ言わないわ・・
当たり前すぎて。

紀宮さまのお相手、黒田さんも
会見で東京都庁の正職員です、
とは、おっしゃらなかったわ。

小室圭氏は
お茶くみにコピー取り
どんな仕事も嫌がらずに駆けずり回り
社員旅行では
撮影係として
カメラを片手に走り回る

コマネズミのような
かわいい従業員ではあるけれど、
内親王の夫としては
何とも情けない、皇室初の
お茶くみ亭主となったわね。

眞子さまとの婚約後も
「同事務所で働き続けたい」

と言っているということは
結婚後もずっとパラのままのつもり?
それとも、

婚約してもすぐは辞めない

という意味で、
結婚後は国際弁護士となる・・
おつもりなの?

こういうペコペコタイプの人は
半面、ものすごく自己顕示欲、
虚栄心が強く
何かの拍子で威圧的になることが
あるのよ。

秋篠宮家という大きなバックを得て

皇室の威を借る小室

と、なるかも。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク