「スペインのキャサリン妃」と呼ばれるレティシア王妃が
夫のスペイン国王フェリペ6世と一緒に
英国を公式訪問。
バッキンガム宮殿で開かれた晩餐会に出席した。



スペインを象徴するカラーである深紅のドレスに身を包み、
クイーンらしく大ぶりのティアラをかぶったレティシア王妃。

スペイン国王夫妻がイギリス訪問

一方、キャサリン妃は、今回は脇役なので
オフィシャルな写真は存在しないが、
淡いピンク色のレースのドレスを着用。
頭にはダイアナ妃のお気に入りだった
ラバーズ・ノット・ティアラをかぶっていた。
レティシア王妃のティアラも、
フェリペ6世の母親、ソフィア王妃が愛用していたもの。
ファッションセンスが似ていると言われる2人は、
晩餐会につけるティアラも共に
夫の母親から引き継いだものを選んだようだ。

「レティシア王妃は
スタイリッシュで自信に満ちている」

「スペイン国王と王妃はなんて
ハンサムなカップルなんだろう」

「キャサリン妃も綺麗だけど、
風格がちがう」

「レティシア王妃は女性。
キャサリン妃は少女。そんな感じ」

などのコメントが、
英紙デイリー・メールのサイトに寄せられており、
レティシア王妃絶賛の声が多い。【UK在住/MIKAKO】
ニュースウォーカーより

馬之助の感想

キャサリン妃とレティシア王妃、
晩餐会でティアラ対決

なんて、マスコミがはやし立てるだけで
本人たちは何とも思ってないかも。

いや、思ってるかも。
似ているから。

スペイン国王夫妻と皇太子

スペイン国王夫妻は何度か
日本に来ているけど

スペイン国王夫妻の歓迎行事=皇居

雅子妃とレティシア王妃、
晩餐会でティアラ対決なんて
マスコミは煽ることもできないわ。
だって雅子さまは
晩餐会の出席すら、直前まで
わからない状態が今も続いているし、
雅子さまはすっかりただのデブおばさんだから
向こうは全く眼中になし状態でしょ。

スペイン王室や国王夫妻と
仲がいいと思っているのは日本側だけで、
レティシア王妃は皇太子のあまりの
小さな体格を・・・バカにしてそう・・・
悔しい・・・  😥 
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク

レザー ブーティ スエード 黒 10cm ヒール
ストーム アーモンドトゥ プーラロペス|
レディース ショート ブーツ 本革 ブラック
サイドジップ ファスナー 疲れない
痛くない ハイヒール リボン 美脚 厚底
フォーマル きれいめ 彼女
プレゼント ブランド 送料無料 サイズ交換