天皇・皇后両陛下が、
東京・千代田区で開かれた
理化学研究所の創立百周年を記念した
式典に出席されました。

天皇皇后理研百周年式典>

理研は、皇室や政府からの援助などを基に
1917年(大正6年)に設立した
自然科学の総合研究所で、
最近では113番目の新元素「ニホニウム」を
発見したことでも知られています。

式典に先立ち両陛下は、
理研のこれまでの歩みや
研究成果について紹介した展示を見てまわり、

天皇皇后理研100周年式典

陛下は
「随分よくいい成果を挙げていますね」
と話されていました。
TBSニュースより


馬之助の感想

理研が政府や皇室から資金援助を基に
設立された研究所とは知らなかったわ。

皇室が資金援助ってのが
なんだか不思議な感じ・・・

理研といえばドレッシング~
そのあとは
STAPとかいう細胞の小保方春子と
笹井芳樹を思い出してしまうあたしは
毒されているわね。
「ニホニウム」やiPS細胞を
思い出すべきなのに。
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ

闇に葬られた「怪死」の真相
[ 別冊宝島編集部 ]