千家典子さんら元女性皇族6人の
現在の私生活について
週刊女性PRIMEが報じているんだけど、
千家典子さん、近衛やす子さん、千容子さんに続き
今回は黒田清子さん、
池田厚子さん、
島津たか子さんについてよ~


 

黒田清子さん、池田厚子さん、島津貴子さんの私生活

黒田清子さん

紀宮さまご成婚

兄・秋篠宮さまの
学習院時代の同級生で
東京都職員の黒田慶樹さんと’05年に
ご結婚されてはや12年。

ご成婚時の美しさ、気品に
感動したものだったわ。

紀宮さまご成婚その2

ご成婚直後は
狭いマンションにお住まいだったけど
東京・目白の“億ション”に引っ越されて10年。

「最近、清子さんを
あまり見かけなくなりました。
引っ越したのでは?」

と話す近所の主婦がいる一方で、
近くのスーパーではこんな様子も目撃されている。

「最近は日曜に、清子さんとご主人と
ご主人のお母さんの3人で
仲よく買い物をしているところを見かけます。
清子さんとお姑さんのふたりのときもありますよ。
ご夫婦で面倒をみているのかもしれませんね」

慶樹さんの実家である東京・原宿のマンションから
母・壽美子さんはすでに引っ越しているので、
夫妻が面倒をみているのだろう。

「清子さんは自らの運転でよく
実家である皇居に赴き、
両陛下のご機嫌もうかがっているので、
両家の母親の面倒を
みているということですね」
(皇室ジャーナリスト)

馬之助

姑の世話もちゃんとするって
天皇家のお姫様なのに
なんとよくできた方なのかしら。
ただ、両家の母親の面倒という、
女性誌の書き方は
ちょっと引っ掛かるわ。
皇后陛下のお世話係はたくさんいて
清子さんのお顔を見るだけで
癒されてられるんだと思うわよ。


清子さんは、専業主婦的な仕事だけではなく、
’12年には、
三重県・伊勢神宮の臨時祭主にも就任している。

三重県・伊勢神宮の臨時祭主、黒田清子さん

「’13年の伊勢神宮の式年遷宮にあたり長年、
祭主だった天皇陛下の姉・池田厚子さんが

伊勢神宮祭主だった天皇陛下の姉・池田厚子さん

高齢で負担が重いということで、
清子さんが臨時を務めました」
(宮内庁担当記者)

馬之助

黒田ご夫妻には
お子様がお出来にならなかったけど・・・
これはタブー中のタブーという感じで
どの女性誌も書かないけど・・・
やるべきことを全うし、
幸せそうでこちらも癒されるわ。

池田厚子さん

池田厚子さん

皇室の祖先神・天照大御神が祀られている
神宮の祭主を、’88年から務めてきた
順宮厚子さんは天皇陛下のお姉さま。
’52年10月に、旧岡山藩主の池田家の
16代当主・池田隆政さん(享年85)と結婚された。
昭和天皇の娘である内親王が、
地方に嫁ぐということは異例のことで、
当時は話題に。

馬之助

お相手は旧岡山藩主で
ご立派なお家柄だけど、
動物園をしている変わり者で
当時、地方に嫁ぐこともあり
かわいそうだといわれたそうよ。
お若いころはかわいいわよ。

若いころの池田厚子さん

「’80年ごろ母・香淳皇后の喜寿の
お祝い番組の取材で、
池田さんが経営する『池田動物園』で
売店に自ら立ち、働いていた厚子さんを
取材したことがあります。
もともと、伊勢神宮の祭主は皇族や
旧皇族が務めるならわしで、
厚子さんが長く務めてきたのは、
内親王としての伝統と
使命感によるものだと思います」

池田動物園の経営悪化

池田動物園の経営悪化については
こちらにも書いたわよ。
こちら
ご苦労はあるだろうけど
地元で愛され、池田厚子さんを囲んで
園遊会も開催されていているわよ。
こちら

島津貴子さん

島津貴子さん

天皇陛下の妹君で
“おスタちゃん”の愛称で親しまれ、
派手な言動で注目されたこともあった
島津貴子さんは’60年3月に、
当時、銀行員だった
旧薩摩藩主の一族・島津久永さんとご結婚。

島津貴子さんご成婚会見

馬之助

「私が選んだ人を見ていただきたい」
そうおっしゃったのは当時、
流行語になったらしいわ。
嫁入り先は旧藩主で
この時代は天皇家、宮家は今以上に特別で
権威があったと思うわ。

百貨店のブティックや
ホテルの重役として活躍するなど
元皇族の枠にとらわれない生き方もしてきた。
宮内庁関係者がそっと打ち明ける。
「貴子さんは活発な部分が
クローズアップされますが、
ご実家との関係も密に保たれています。
軽井沢に別荘をお持ちですが、
最近は両陛下が夏に軽井沢にお出ましの際は、
別荘に招待して
歓談の時間をもっています。
兄君にあたる陛下を
慰労されているのだと思います」

馬之助の感想

実はもう30年近く前
軽井沢の万平ホテルのレストランで
島津貴子さんがご家族で
お食事されているのと
近くの席だったことがあるのよ。
あ!島津貴子さんだって思って
カメラで1枚撮ったとたんに
ホテルの人が来て「写真は禁止」って
言われちゃったわよ。
耳を澄ましていたら
「浩宮さまが~」なんて聞こえてきたのよ。
島津貴子さんはちょっと浅黒く細身で
赤いブレザーをお召しだった・・・

元とはいえ雅(みやび)な方を間近にして
今もよく覚えているのよ。
ホントのことよ。

島津貴子さんも池田厚子さんも
戦前の特別の皇族の方だっただけに
平民だらけになった今の皇室・・
どう思ってご覧かしらね。

といっても、もう華族はいないのだから
仕方ないけど
元華族、元どこかの藩主とかの子孫が
皇太子妃になっていれば
今とは違ってたと思うのだけど。
島津貴子さんの著書↓
ある日幸せに (1960年)【中古】
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ