ミクロネシアのピーター・マーティン・クリスチャン大統領と会見される天皇陛下=23日午前、皇居・御所(川口良介撮影)

天皇陛下は23日、
日本を公式訪問している
ミクロネシアのクリスチャン大統領を
皇居・御所に招き、
約20分間、懇談された。



宮内庁によると、
クリスチャン大統領は

日本が戦前、
同国を委任統治していた歴史に言及。
戦後も続いた日本の支援に謝意を示した。

陛下は、同国の多くの若者が
日本に留学していることを聞き
「両国の若い世代においても
親しい関係が育ってきていることを
喜ばしく思います」と述べられた。
産経新聞より

馬之助の感想

お隣の国を統治していた頃、
日本人と同じく警察官の職についている
現地の人もいたのよ。

搾取する植民地ではなかったのよ。
東北地方の開発を後回しにして、
お隣の国のため、インフラを整備し、
援助してあげたことも
たくさんあると思うのだけど。

現地人の警察官が暴行などして
それが今、日本人が
やったことにされてしまっていて
困るんだけど・・・

日本はお隣の国民も、自分の国の人と考え
統治してきたのよ。

ミクロネシアのクリスチャン大統領は
日本が委任統治していた歴史に言及し、
感謝しているわよ。

お隣では植民地化したと
今でも反日反日と騒いでいて、
陛下と美智子さまは
謝りに行きたくて
たまらなそうなんだけど
同じことをして、ミクロネシアからは
感謝されちゃったわね。

台湾では日本のおかげで
インフラを整備してもらえたと
感謝して、親日よ。

両陛下はどのようにお考えになって
懇談されたのかしら?
日本が素晴らしい国であることを
ミクロネシアのクリスチャン大統領から
教えてもらってくださいませよ。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク