菅官房長官

菅官房長官は午前の記者会見で、
天皇陛下の退位や
新たな元号となる時期などをめぐる一連の報道について
「現在、有識者会議で予断を持つことなく
静かに議論を行っているところであり、
全く承知していない」などと述べました。
NHKニュースより

 

報道されているような内容は全く承知していない

菅官房長官は

「現在、陛下の公務の負担軽減などについて、

有識者会議で予断を持つことなく

静かに議論を行っている。

まだそのような状況なので

天皇陛下の退位をめぐって、

政府が再来年・2019年の元日に

皇太子さまが新たな天皇に即位し、

新たな元号とする方向で検討に入った

などとする報道について、全く承知していない」

と会見で話したそうよ。

記者団の質問に答えて・・・

記者

「退位時期の検討にあたって

平成30年を1つの節目として考えるのか」

菅官房長官

「現時点で全く何も考えていない」

記者

「新たな元号となる時期の検討にあたっては

国民生活への影響も考慮するのか」

菅官房長官

「報道の内容について

私の立場でコメントすることは控えたい」

馬之助の感想

全く報道の先走りだったのか

議論をしている途中でまだ何も

決定はしていないのか、

ほぼ、決まっているけど、発表していないのか、

あたしにはわかんな~い!

政府が再来年・2019年の元日に

皇太子さまが新たな天皇に即位し、

新たな元号とする方向で検討に入った という報道を

あたしはすっかり信じてしまってたわ。

こちら

ネットや週刊紙の報道は

そうかもしれないし、そうでないかもしれない、

と思っておいたら、ちょうどいいわね。

歪曲報道 [ 高山正之 ]
今回の報道は歪曲ではないけど
歪曲左翼報道がよくわかる本のご紹介~
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ