次期天皇の皇太子の誕生日は2月23日。
今上天陛下誕生日は12月23日。

2019年5月に御代替わりだから
皇太子はまだ天皇に即位するまえだから
休日ではなく、

今上陛下の誕生日12月23日には
上皇となっており、
二重権威となることを避けるために
休日とはしないので、
2019年は天皇誕生日はナシですって。




天皇誕生日

あたしが子供の頃の天皇誕生日といえば4月29日。
昭和天皇のお誕生日~だった~

新学期が始まって疲れてきたころに
天皇誕生日のおかげで休めたので
ホント天皇陛下に感謝したものだったわよ。

当時は祝日と日曜日が重なっても
振替休日はなかったし
祝日と祝日の間の日も休みじゃなかったのよ。

だからこそ4月29日の天皇誕生日。
5月3日の憲法記念日
5月5日の子供日の休日が
どんなにありがたかったか!

陛下のお誕生日が4月29日でなかったら
休みが二日間だけだったと思うと
子供心に、陛下、ありがとう!と
正午のNHKニュースで大写しになる
昭和天皇に向かって言ったものだったのよ。

しかし今上陛下の誕生日は12月23日で
クリスマスと勘違いしている若い子がいるくらい
ありがたみが減ったわね。

最後の今上陛下の誕生日は
日曜日と重なったので
24日が休みになってちょっと有難かったけど
・・・・
皇太子の誕生日は2月23日。
大学生はすでに春休みのところもあるし
受験生は国立受験日の頃で
陛下、お誕生日おめでとうどころじゃ
ないでしょ。

皇太子の誕生日が仮に6月で
次期天皇誕生日が6月にだったら、
ナルちゃんを感謝する人、多いと思うわよ。

海の日、山の日は、学生はすでに夏休みだから、
有難くもなんともない日に
なんで政府は祝日を作ったのか、理解に苦しむ~
なんで6月に祝日を作ってくれないのよ~?

5月の連休後に5月病とかいう
ウツ気質の病気になる人がわりといるけど
6月にも休みがあると思うだけで救われるのよ。

こどもの頃の6月は本当に長かったわ。

天皇誕生日の日にちで
陛下への感謝の気持ちが大きく変わる・・・
ような気がする・・・
あたしはね。

2019年は12月23日は平日になるんだそうで
休みがなくなれば、やはり悲しい・・・

今更ながら、あたしは、
今上陛下の有難さに気づいたところよ。

書くことさえ憚れることではあるけど
今上陛下がみまかられたのちには、
”平成の日”として休日にして頂戴!

三笠宮百合子さまだけが皇族の中で
お誕生日が6月。6月4日のお生まれ。

年間の休日設定には限界があるようなので
海の日、山の日は取りやめにして

6月4日を”傍系の日”

あるいは

”皇族の日”でも何でもいいので
休日にしてくれたら
国民は皇族に対して感謝に気持ちを
新たにすると思うんだけどね。

凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク