週刊現代小室圭秋篠宮さま

次男だから黙っていた。
だが今は、次男だからできることもある。

小室批判?

宮内庁批判?

なんでもござれ、

僕が陛下の代わりに言って差し上げよう。
異例の会見の裏側を全て明かそう。

と、週刊現代が書いているけど
秋篠宮殿下は以前から会見でも
ご自身の言葉で言いたいことを語ってきたわよ。

内容的にも反乱というほどではなかったと思う・・・

天皇陛下の定年制を生前退位のずっと前に
提案したり
皇太子と雅子さまの批判も
やんわりとされてきたように思うわよ。

週刊現代は

★「大嘗祭」の費用の在り方について
★小室圭親子への相応の対応要請

の2つについて書いてるわ。


大嘗祭は内廷会計で行うべき

★相当な費用がかかるが大嘗祭は絶対に
皇室としてするべきもの。

★宗教色が強い大嘗祭を
国費で行うことが適当かどうか・

★そのことは宮内庁長官などには
かなり言ったが、
残念ながらそこを考えること,
話を聞く耳を宮内庁長官は持たなかった。

小室圭問題

★金銭トラブルを解決し、国民が納得し
祝福する状況を作るように
小室側が対応しなければ
皇室の婚約にあたる納采の儀は行えない。
つまり結婚はナシということ。

馬之助の感想

今回はまず、大嘗祭について

大嘗祭とは即位した新天皇が
初めて行う新嘗(にいなめ)祭のこと。

11月に今上陛下が最後の新嘗(にいなめ)祭を
なさったわよね。

新嘗祭

この儀式は宗教色が強いんだそうで、
国費ではなく、規模は小さくなるが
皇族に割り当てられているお金の中で
行ったらどうだ?と秋篠宮殿下が
提案されたのよね。

あたしは天皇陛下って
神主の親玉のような方だと思っているので
宗教色が少々あってもいいじゃん、と思うのよ。

それに大嘗祭が毎年あるなら
内廷費でやってもらいたいけど
前回から30年ぶり
今上陛下の時は63年ぶりなんだから
いいのでは?と思っちゃうわけよ。

秋篠宮殿下は金銭的な問題だけでなく
宗教行事と憲法との関係がある。
身の丈に合った規模でやるべきと
思ってられる・・・

身の丈といったらナルちゃんはちっこいけど
大嘗祭は伝統の世界だから
その身の丈はでっかいわよ。

会見でこのことを暴露された宮内庁は

「お考えに対して
しっかりとした返答をしなかったことに対する
ご叱責と受け止めている」

と発表したけど
秋篠宮殿下に内廷費でするべきといわれても
宮内庁側は答えに窮して困ったと思う・・・

殿下がこうおっしゃっていますと
問題提起したために
宮内庁をやめることになったら
無職になるからね・・・

週刊現代に書いてたけど
毎日新聞8月25日付け朝刊に
大嘗祭公費避けるべきではとスクープさせて
世論の様子を見極めて会見でぶちかます・・・

秋篠宮殿下はなかなかのやり手ね。

小室圭問題も小室圭がNYに発った翌日
朝日が納采の儀は行えないと
殿下言っているとスクープしたのも
周到な計画だったということよ・・・

宮内庁は小室問題は
時間が解決するという考えだったみたいだけど
殿下が会見で小室問題を
きれいごとで済ませたら
それこそ非難ごうごうだったと思うから
殿下が言ってくれてよかったと思うわよ。

来年のお誕生日は新しい世になっているわね。
次回のお誕生日会見では
天皇皇后は靖国に参拝すべきと
おっしゃっていただきたいわ~でも、
靖国「や」の字も
おっしゃらないでしょうね・・・

凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク