国民民主党が安定的な皇位継承策としてまとめた皇室典範改正案の原案が判明した。男系の女性天皇を容認するのが柱。父方に天皇がいない女系天皇は認めず、男系を維持する。今国会提出を視野に党内手続きを進め、夏の参院選公約に盛り込む方向。党関係者が7日、明らかにした。

2017年6月に与野党の合意で成立した退位特例法は付帯決議で、退位後速やかに安定的な皇位継承や女性宮家の創設を検討するように政府に求めている。付帯決議後、政党の具体案が明らかになるのは初めて。

安倍晋三首相は、父方に天皇がいる「男系」の継承が維持されてきた皇室の伝統を重視し、慎重な姿勢を崩していない。



馬之助の感想

男系の女性天皇を認める、ということは愛子天皇を誕生させたいってことね。徳川幕府の将軍15代のうち、9代目家重、13代目家定の2人が脳性麻痺だったといわれているけど、将軍でありえたのだから、愛子さまも十分、出来るんじゃない?

しかし父方に天皇がいない女系天皇は認めず、男系を維持するということは、愛子さまが天皇家の血筋の男系男子と結婚しない限り、子供は天皇になれないってことよ。

愛子天皇の子供は天皇になれず、80歳で退位したとしたら、愛子さまと眞子さまの年齢差は10歳。眞子さまは90歳で即位ってことになるわ。

眞子天皇の次は佳子天皇?その次にやっと悠仁天皇?

なんでそんな回り道をするのよ?天皇は男系以外認めないのであれば、さっさと悠仁さまが天皇になられたらいいのよ。皇室典範改正案の原案すべてを見なきゃわからないけど、全然、安定的な継承じゃないわよ。

最近、ともかく何が何でも愛子さまを天皇にしたい勢力があるみたい・・・。なんで今までの伝統を守るように努力しないのかしらね。男系男子、万世一系 だからこそ、値打ちがあるし、男系を維持することで2000年間、天皇家を守ってきたのよ。

イギリスのように、女系王容認という立場であれば、母が外国からやってきた場合、その子には母の出身国の王位継承権があるということになります。母、祖母、祖々母とさかのぼって、母系の出身国のすべてに、王位継承権があるという理屈になります。

他国に嫁いだイギリス王族女性の子にも、王位継承権があるということです。例えば、スペイン王に嫁いだイギリス王族出身の女性から生まれた子孫はすべて、女系子孫として、イギリス王位継承権があるということになります。つまり、その場合、スペイン王族がイギリス王位継承権を主張することができるわけです。このように、女系継承により、際限なく、王位継承者が広がるのです。

実際、現在のイギリスの王位継承者は約5000人もいます。その中には他国の王も含まれます。主な継承者とその順位の例として、ノルウェー国王ハーラル5世は第68位、プロイセン王家家長ゲオルク・フリードリヒ・フェルディナントは第170位、スウェーデン国王カール16世グスタフは第192位、デンマーク女王マルグレーテ2世は第221位、ギリシャ王妃アンナ=マリアは第235位、ギリシャ国王コンスタンティノス2世は第422位、オランダ前女王ベアトリクスは第812位、オランダ国王ウィレム=アレクサンダーは第813位となっています。

男系家系の派生範囲は限定的であるけれども、そこに女系が加わるとその範囲は膨大になります。このような継承者の範囲拡大を防ぐため、日本皇室では、皇族女性が嫁いだ際には、皇籍を離脱させます。女系継承を認めないという皇室の原理は天皇家の外に対しては際限のない継承者拡大を防ぐためであり、天皇家の内に対しては王朝の断絶を防ぐためであるのです。

2000年の長い歴史の中で男系に限定してきたのは天皇家を守るためだったのよ。男系男子には意味があるからずっと男系男子だったのよ!!先人の知恵を無視して目先のことだけを考えて女系を認めたら、外国に乗っ取られて、日本の天皇家でなくなるわね。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク