皇太子さまフランス訪問の前に記者会見

皇太子さまは5日、フランス公式訪問(7~15日)を前に、
東宮御所(東京都港区)で記者会見された。

外国訪問について

「相互理解と友好親善を増進するとても良い機会。
皇族が果たすべき役割の中で重要な柱の一つ」

との見解を示し、

「今回の訪問が友好関係を深める一助となるよう
願っております」と抱負を述べた。
毎日新聞より




 

来年5月の新天皇即位を踏まえ、
次世代の天皇像について

皇太子殿下

「天皇陛下のなさりようを基礎として
日本と世界の人々の幸せを祈りつつ、
自分に何ができるかということを
常に真剣に考えていきたい」

訪仏は日仏友好160周年にあわせた
仏政府からの招待によることについて

皇太子殿下

「今日の両国の発展と友好関係を形作ってきたことに
改めて思いをいたしながら、
さまざまな施設を訪問したい」

同行されない雅子さまについて

皇太子さま

「治療を続ける中で、体調には波もある」

と理解を求め
一方で、国際親善には国内での国際的行事への出席など
さまざまな方法があることも指摘し、

「できる限り関わっていってくれるものと思っている。
外国で暮らした経験、仕事で外交に携わってきたことは
必ず役に立つと思う」と期待した。

今夏、英国に短期留学された愛子さまについて

皇太子さま

「幅広い視野を身につけてくれたのではないか。
経験を皇族としての役割を果たしていく中で
生かしていってほしい」と述べられた。

訪仏される皇太子さまは、
絹織物の町として発展した南東部の都市リヨンに滞在後、
首都パリに入る。

リヨンで織物博物館を見学するほか、
ブルゴーニュ地方に足を運んでワイナリーなど
現地の文化に触れる。

パリでは、日本博「ジャポニスム2018」の関連行事に出席。
歌舞伎などを鑑賞し、
エッフェル塔のライトアップの点灯ボタンを押す予定。
滞在中は在留邦人や日本にゆかりのある
フランス人らとも交流する。【山田奈緒】

馬之助の感想

”リヨンで織物博物館を見学

ブルゴーニュ地方に足を運んで
ワイナリーなど現地の文化に触れる。

首都パリに入る

・日本博「ジャポニスム2018」の関連行事に出席。
・歌舞伎鑑賞
・エッフェル塔のライトアップの点灯ボタンを押す
・在留邦人や日本にゆかりのある
フランス人らとも交流する。”

JALパックでもこれくらい詰め込んだ
スケジュールになるだろうけど
観光旅行ではないから
雅子さまには無理なのかしらん。

と思ったら、フランスから帰国後10日で
福岡を訪問し26日には豪雨被害被災地
朝倉市を訪問し
仮設住宅で被災者を見舞われるそうだから
それで、フランス行きを断念されたんだわね。
ガッテンしたわ!

フランスに行ったら絶対に疲れて
福岡に行けなくなるだろうから
そうすると
フランスには行けて
福岡は行かないのかと批判されるからね。

フランスから帰国後10日間も
のんびりしたら疲れも取れると思うけど
そうはいかないんでしょうね・・・

フランスではワイナリー視察があり
現地の文化に触れるもクソも
皇太子殿下は
ワインの試飲をされるんでしょ。

福岡だって
おいしいものがいっっぱいあるわよ。
ダルムに福岡焼酎とか。

国内公務も気持ちの持ちようで
楽しいものよ。

凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク