天皇皇后両陛下は21日、
お住まいの御所で、
皇后さまが育てられた蚕の糸を使って修復した
鎌倉時代の絵巻物をご覧になりました。



両陛下がご覧になっているのは、
鎌倉時代に描かれた
「春日権現験記絵」です。

両陛下 鎌倉時代の絵巻をご鑑賞、皇后さまが育てた繭で復元

およそ700年前のこの作品は
絹でできた表紙などが傷んでいたため、
2004年度から復元作業が行われ、
今年3月に終了しました。
この復元には皇后さまが
皇居内の紅葉山御養蚕所で育てた
日本古来の「小石丸」という
蚕の絹糸が使われています。

皇后さま、蚕に桑の葉与える「ご給桑」
皇后陛下が蚕のお世話をされている様子

皇后さまは27年前、
香淳皇后から養蚕を引き継いだ際、
当時、一般では生産されなくなった
糸が繊細な「小石丸」の飼育を続けることを
決められました。その後、
「小石丸」は文化財の復元に
最も適していることが分かり、
今回の復元につながりました。
(21日20:40)
TBSニュース(写真記事)NHKニュースより一部抜粋

馬之助の感想

宮内庁によると両陛下は、
皇后さまが守られてきた
日本古来の蚕の糸が
文化財の修復に役立てられたことを
喜ばれているそうよ。
皇居の三の丸尚蔵館に所蔵されていて、
全20巻あるんだそうよ。
10年ほどかけて修復したんですって。

絹地の修復には、
一般種の繭から作った絹糸では太すぎて
風合いが出せないため、
天皇家が育てている古代種繭の「小石丸」を使用
wikipedia

歴代皇后が蚕を育てていて
といっても、
明治時代からだから
比較的歴史は浅いのね。
でも、続けていったら
伝統となるのだけど
雅子さまが受け続くことは
ありえないような気がするわ。

皇太子殿下が天皇在位時代に
今までの天皇家の伝統が大きく覆され
様変わりするんでしょうね。

その後、秋篠宮両殿下の世になっても
その時はご高齢になっている可能性があるし
悠仁天皇の世に復活させるにも
エネルギーが要ることだわね。

しかも、小室圭氏が内親王の
嫁入り先となり
天皇家、皇族が一気に庶民化して
いったい何のため
皇族のみなさまを
特別な場所で特別な待遇で
お暮らし頂くのか
わからななくなる時代が
そう遠くなく、来そうで
嫌だわ~~~~
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク

春日権現験記絵注解 [ 神戸説話研究会 ]