天皇皇后両陛下が
西日本豪雨で被災した
愛媛県の状況について
知事から説明を受け、
被災者の生活を気遣われた。



両陛下は25日午後1時半ごろ、
皇居・御所で
愛媛県の中村時広知事から
県内の被災状況についての説明を
受けられた。

愛媛県知事天皇皇后に豪雨被害を説明

両陛下が県の負担を考慮し、
詳細な資料は必要ないと
お考えだったこともあり、
知事が写真と地図を使って
被害が大きかった地域の状況を中心に
約40分間、説明した。

両陛下は終始、
熱心に聞き入って
いたということです。

両陛下は特に
被災者の今の生活を心配していて、
知事が退出する際には
「暑さに負けずに頑張って下さい」
と声を掛けられたという。
テレ朝ニュースより

馬之助の感想

今回、愛媛県知事が
愛媛から上京し
両陛下に被害状況を
説明したことに関して
いろんな意見があるだろうし
あたしもいろんなこと、
思ったわ。

★豪雨被害で超多忙を極める中
県知事はわざわざ呼び出しされ
迷惑ではなかったかしらん?

それとも両陛下に会えて
光栄で、うれしかったかしらん?

★両陛下は
詳細な資料は必要ないとの
お考えだったというけど、
県知事側はそれなりの
準備が必要だったと思うし
そもそも、詳細な資料を
両陛下が見ても
仕方ないのでは?

★県知事が安倍首相に
国からの支援を要請するために
詳細な被害状況の資料を作って
上京するなら理解できるけど

・・・・

★今までの両陛下であれば
「被害が起こったらすぐ参上します」
が、スタンスだったけど

・高齢であることと、
・両陛下が来られるとなると
準備が大変

などの理由から、
すぐには受け入れが
叶わなくなったので
両陛下は心配してしてますのよ、
の、アピールを
したかったのでは?

とか、いろいろ、思ったわよ。

御所の中で被災者のために
どんな祈っていても
国民は御所内の両陛下のご様子は
見えないからね~

以前、福島原発の上空を
ヘリで視察される
というニュースを見たとき
両陛下が原発を視察して
何になる?と思ったのよ。

「4月20日、
私が震災被害の状況を説明するために
皇居へ参内すると、
当時の侍従長・川島裕さんが
困惑した様子で

『天皇陛下が、原発を
見たいとおっしゃっているのです』

と言うのです。
当時は放射線量も高く、
難色を示す川島さんに、
陛下は

『自衛隊の飛行機で
上空から見るならいいだろう、
それでもだめなのか』

とかなり強硬なご様子
だったそうです」女性自身より

被災者と会って
励まして下さるのは
被害者にとって
励みになるだろうけど

上空から見て何になる?と
思ってしまうあたしは
悪いかしらん・・・?

福島県民でさえ、原発を上空から
見たことないと思うわよ。
だから見ておかなくては
国民の心に寄り添えない
というわけではないわよ。

あたしが経験した
阪神淡路大震災は
被災地を見るため車が殺到し
ますます交通渋滞になったのよ。

みんな、悲惨な現状を見て
助けよう、寄付しようと思うのか、
それとも、
ただの興味、好奇心なのか・・

なんでわざわざ見に来るのか
あたしには
わからなかったけど・・。

今回の豪雨災害でも被災地で
同じ現象が起きているみたいね・・

陛下はもう高齢なんだから
被災地に心を寄せていると
発表されるだけで十分で、

若い世代の皇族が
秋篠宮さまのように
さっと行って声をかけて・・
ということをなさってくだされば
それだけで、国民は有難いのよ。

今回の豪雨被災地で
天皇皇后が来ない!
なんで来ないのだ!
と、思っている人は
いないと思うわよ。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク