2019年上皇さま、強い脳貧血の症状=検診疲れか
出典:https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000159609.html
テレ朝ニュースのスクリーンショット

宮内庁は16日、上皇さま(85)が11日に強い脳貧血の症状を訴えられたことを明らかにした。定期検診による疲れの影響とみられ、立っていられないほどだったが、その後回復し、今は普段通りの生活を送っているという。時事通信
出典:https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071600754&g=soc


同庁によると、上皇ご夫妻の検診は9日午後から15日にかけ、宮内庁病院や東大病院で実施。上皇さまは11日、午前と午後に検査を受け、お住まいの皇居・吹上仙洞御所で上皇后さまと夕食を取ろうとした際に気分が悪くなった。直ちに侍医の処置を受け、同御所で安静にして症状は回復。12日午後の検査は延期となった。
同庁は、上皇后さま(84)が検診で一部再検査が必要と指摘されたことも明らかにした。結果は後日公表する。

馬之助の感想

9日から15日にかけての健康診断って、随分時間を掛けるのね。上皇、上皇后だから、念には念を入れて細部にわたる検査をするんだろうけど、年齢的に体力を消耗して、検査をしたために病気になっちゃうわよ。

気分が悪くなられた11日は午前と午後に渡って検査を受けてられるので、朝は食事を抜いて検査を受けられたのかもしれないわね。

もし検査の結果、手術を必要とする疾患が見つかっても、この年齢で、既往症もあるのに耐えられるかわからないでしょ。しかし、病気を見逃したり、進行に気づかなかったら医師団の責任問題になるので、両陛下の体力お構いなしで、詳しい検査をするんでしょうね~。

医者側は病気を見逃すわけにはいかないし、上皇上皇后は、年齢的に辛くなってるけど、決められた通りに検査を受けねばならず、どっちも大変だわ。

昭和天皇は亡くなる直前まで、苦しみを長引かせるだけなのに、連日輸血をして、上皇は、最後まで天皇であり続けることを求められる昭和天皇のお姿を見て、退位を考えられたとも言われているのに、検査検査でしんどいわね。

上皇后さまは、検診で一部再検査が必要と指摘されたそうだけど、84歳の年齢を考えたら、当然というか、仕方のないことだと思うわ。

疲れない生活を送れたらいいと思うけど、そうなると、ますます引っ越しが遠のき、もしかしたら、このままずっと、皇居・吹上仙洞御所でお住まいになるかも。

港区民の人たちは待っていると思うわよ。ご近所になるとは信じられないことだもんね~。皇族邸も広すぎて公園かと思う感じらしいけど、東京に行くときには是非、前で記念撮影したい~!
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク