久子さま第70回正倉院展をご観覧

高円宮妃久子さまが11日、
奈良市登大路町の奈良国立博物館を訪れ、
開催中の第70回正倉院展を観覧された。
平成で最後となる同展は12日に閉幕。
先月27日からの会期中、24万5832人が来場した。

久子さまは午前9時45分ごろ、
松本伸之館長や西川明彦
宮内庁正倉院事務所長らが出迎える中、
車で博物館玄関前に到着。

馬之助

当然、車で来るでしょ。
歩いては来ないわよ。
久子さま、午前9時45分ごろには
到着しているのだから早起きだわ。


内藤栄学芸部長らの案内で約1時間半かけて鑑賞された。
奈良新聞より


馬之助の感想

久子さまは2006年から毎年来館されているそうよ。

高円宮妃久子さま、正倉院観覧

続きを読むには
3024円で購読をもう込まなきゃならないのよ。
奈良新聞ってケチね。
申し込む気はないので
観覧されている様子はわからないけど
yomiurionlieに2014年の記事があるので引用。

2014年久子さま第66回正倉院展

久子さまは湯山賢一館長や杉本一樹
宮内庁正倉院事務所長、
弘中喜通・読売新聞大阪本社社長らの出迎えを受け、
内藤栄・同館学芸部長らの案内で
59件の宝物を熱心にご覧になった。

内藤部長によると、白銅製の四角い鏡
「鳥獣花背方鏡ちょうじゅうかはいのほうきょう」
に顔を近づけて見つめ、
鏡背部にある背骨が浮き上がった獅子の文様に
「細かいですね。きれい」と感心されていたという。

鑑賞前、湯山館長が久子さまの次女・典子さんの
10月のご結婚について祝福の言葉を伝えると、
「ありがとうございます」と笑顔で応えられたという。

2014年11月10日 Copyright © The Yomiuri Shimbun

同じ人がお迎えして
正倉院のなかみもそれほど変わってないと思うのに
同じような説明を聞きながら
熱心にご覧になれるのは素晴らしいわ。
さすが皇族だわ。

2014年10月に典子さんが結婚して
祝福を受けているのね~
この時はまさか実家に入りびたりになるとは
夢にも思ってなかったでしょうね・・・

人間万事塞翁が馬よ~

幸せが不幸に、
不幸が幸せにいつ転じるかわからないわね~

凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク