第77回全日本学生児童発明くふう展(発明協会主催、毎日新聞社など後援)の表彰式が27日、発明協会総裁の常陸宮さまを迎えて東京都千代田区の科学技術館で開かれ、14件15人と1校が表彰された。最高賞の恩賜記念賞には「避難用縄バシゴ『斜楽』」を作った東京都武蔵野市の聖徳学園小5年、道脇愛羽(えこ)さんが選ばれた。縄ばしごを階段のように傾斜させ、子どもやお年寄りでも安全に下りられるように工夫した。常陸宮さまは受賞者から作品について説明を受け「どうもありがとう」と声をかけられた。【稲垣衆史】毎日新聞



馬之助の感想

毎日新聞が常陸宮殿下が第77回全日本学生児童発明くふう展表彰式にご臨席されたことを報じているけど、去年は華子さまも一緒にご臨席されたけど、今年は殿下だけだわ。

↓この写真は昨年

お言葉を述べられる常陸宮殿下
昨年、くふう展・常陸宮両殿下御臨席で表彰式

常陸宮殿下は車いすになってられて、華子さまがお気遣いをされていたのだけど、華子さまは、腰を痛めて手術されてから公務のお出ましが少なくなったわね。

華子さまの方がずっとお元気だと思ってたのに、寂しいわ。ご年齢はまだお若いと思ってたけど、78歳だからね。華子さまはホントに気品があってきれい。お二人そろってまた、お出ましなさってほしい。引退はなさらないで。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク