天皇皇后国際生物学賞授賞式に出席

天皇、皇后両陛下は19日、
東京都台東区の日本学士院会館であった、
第34回国際生物学賞の授賞式に出席された。
毎日新聞より




今回の受賞者は、古生物学研究の
米ハーバード大学のアンドリュー・ハーバート・ノール博士。

地球が誕生して40億年の生命と
環境に関する研究の世界的リーダーとして活躍しており、
地球上の生命の今後を予測する上でも
重要な知見を与えていることが評価された。

近年は米航空宇宙局(NASA)の
火星探査プロジェクトに参加し、
火星の生命解明に貢献している。

この賞は生物学者だった
昭和天皇の在位60年を記念して
1985年に設立され、
世界的な業績を上げた研究者に贈られている。
授賞式には、皇太子ご夫妻時代から
両陛下が出席を続けてきた。【高島博之】
毎日新聞より

馬之助の感想

記念お茶会は授賞式のあとか、前かは
わからないのだけど
お茶会も両陛下で出席されているわ。

国際生物学賞受賞者とお茶会

お茶会のために両陛下は
火星探査プロジェクトとかを調べておいて
話をされるのかしら?

深く話し合うには内容がむつかしいから
火星にいつか行けるときがあるのんか?
とか、
地球上の生命の今後どうなるんでしょうかね~
とか、
文学的な話をされるのかしら?

それとも研究をするのに
どんなことに苦心しますか?とか
質問されるのかしら?

凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク