小室圭の母親小室佳代が蒸発してしまった

小室圭氏の母親佳代さんが行方知れずというのは
小室圭氏が昨年8月にアメリカ留学した後から
言われてききたけど、
横浜のマンションのベランダで
おじいさんが洗濯物を干してたり
化粧品などが宅配で届けられたり
やっぱり、おじいさんとマンションで
暮らしているのだわと、
誰もが思ったものだったけど
最近はマンションの部屋の明かりが
消えっぱなしなんだそうな・・・

マンションの前に設置されたポリスボックスは
鍵がかかったまま。

パート先のケーキ屋にも
顔を出してないらしい。

(ケーキ屋さんによると
マスコミはパートパートというけれど
昔からうちの社員。もう20年くらい。
By週刊新潮)

Faradayが1月中旬に小室家のマンションを
訪れた際にも、佳代ママの出入りの痕跡は全くなし。
さ~てどこに行ったのやら?


週刊新潮小室圭

一方、週刊新潮は皇室利用の声出た
小室圭さん不実の正月

とデカデカと出しているわ。
今更、皇室利用の声も出たもクソもないでしょ。
ここ数か月ずっと、
皇室利用やらで問題になっているのよ~

週刊新潮には佳代氏の
新しい知人男性というのが出てきているわ・・・
一体、何人男がいることやら~

★新たな知人男性談
・小室圭の父親が亡くなり佳代さんが
お金がない、住むところがないから
親が借りているアパートに転がりこんでいると
悲観に暮れていたので何度も相談にのってやっていた。

・喫茶店の支払いはいつも自分。

・相談に乗っていたら横で圭が寝てしまうので
不憫に思い、いつも車で送っていた。

・しかしその当時から今のマンションに住んでいた。
送っていった先は別の場所だった。
要はウソをつかれていた。騙されていた。

馬之助

自宅のマンションがあるのに
別のボロイところへ送らせてたってことね。凄い~


・圭くんが本当に結婚する気があるのかと
疑ってしまう。

・秋篠宮殿下があれだけ相応の対応をと
呼びかけておられるのに何も行動を起こさない。

・佳代氏の知人の考えによると
プリンスの結婚内定者という立場を
利用するだけして、
ちゃっかり弁護士資格を取ってやろう
それまでだんまりを決めこもう、と
考えているのでは邪推してしまう。

馬之助

それはみんなが思っていることよ。
そのとお~り!

横浜のマンションの登記簿では
1994年に亡くなった小室圭のお父さんが購入。

亡くなった後は佳代さんが相続
数か月後にはローンを完済している。

馬之助

マスコミが登記簿を確認しに行ったのかしら?
ちょっと怖いような気がするわね・・・


近隣住民ももう帰ってこないと思うから?
ボロクソ・・↓

★近隣住民談
・マンションの中古物件として
2800万円の値がついていた。
引っ越し覚悟で売却すれば借金を返しても
おつりがくるし、
圭君が立派な法律事務所に勤めているなら
そこでお金を借りることだって出来るし
なぜそういった努力をしないのか?

馬之助

マンションの住民は佳代さんはどこに行った?とか
小室圭佳代親子の話題でおいしいお酒を飲んでると思う~


★元婚約者談
・新年になっても圭佳代親子から連絡はない。

・自分のお金で大学に入って
留学までして、その説明会で
眞子さまと出会ったことを
忘れてしまったのか?

・小室家サイドはあれは借金ではなく
贈与だと主張し、秋篠宮さまにも
そう説明したそうだが、そう思うのであれば
逃げ隠れせずに堂々としていれば?

・見解の違いがあれば
弁護士を立てて話し合おうと
対応してくれてもいいのに
母親は姿を消し、圭君は
アメリカに行ってしまって
何も口にしないので不信感が募る一方。

以上週刊新潮

馬之助の感想

小室圭はフォーダム大学で
マーティン奨学金というのを得たそうだけど
それは、返済不要の授業料を全カバーする
特待奨学金だそうよね。

入学者でたった一人だけ、
小室圭が得た奨学金だそうよ。

一般的に奨学金を得るには
自分は偉大な存在であることを
履歴書に書く必要があるので
小室圭が自ら眞子さまの婚約者だと
売り込んだんだろうと
週刊新潮が書いているけど
誰でもそう思っているわよ。

かつて羽賀研二が誠意大将軍だと
自らをアピールしてたけど

羽賀研二誠意大将軍

小室圭氏も似たり寄ったりね・・・

さて、小室ママはどこに消えたのか?

あたしは爺さんと共に
彫金師?のかつての男性のもとに
転がりこんでいると推測する!

次々、週刊誌に小室問題を書いているので
いつどの週刊誌だったかわからないけど
彫金師が佳代ママのことをかばってたわよ。

まだ関係があるんだわ~と思ったのよ、その時。

父親が亡くなたことは本当に気の毒、
可哀そうに思うわ。
しかしその後、身の丈に合った人生を送れば
こんな事態には、ならなかったわ。

秋篠宮殿下は皇太子の大嘗祭を
”身の丈に合った儀式を”と
おっしゃったのだから
小室家の生き方は身の丈にあってないと
思ってられるわよ。

眞子さまと出会ってからも
お金がもったいないから返さず
秋篠宮殿下に払ってくれと言ったり
お金にまつわる悪事が出てきた時点で
皇族との結婚は普通はアウトよね・・・

雲隠れしていると、一生、出てこれなくなるわよ。

今週号の週刊新潮の中吊りでよかったのは

週刊新潮小室圭不実の正月

ニコチンでアルツハイマーを
防げるらしいということ。
秋篠宮さまはヘビースモーカーだと知ったときは
かなり残念で、嫌だったのよ。
しかし、ニコチンで認知症を防げるのであれば
たしなむ程度であれば、たばこを楽しまれたら
いいのではないかしら~んと思ったのよ~

凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク