小室圭

昨日発表された小室圭氏の
トラブルは解決してるとの見解に対し
元婚約者は反対意見を表明し
マスコミも様々な、意見を書いているわ。




     

片田珠美・小室圭さん見解発表、一般大衆と「認知のずれ」

Business journal連載
片田珠美「精神科女医のたわごと」より抜粋引用↓

秋篠宮家の長女眞子さまとの婚約が延期されていた小室圭さんが、
週刊誌などで報じられてきた母親の400万円以上の「借金トラブル」について文書を公表し、
「母も私も元婚約者の方からの支援については解決済みの事柄であると理解してまいりました」と主張した。

それに対して、母親の元婚約者は「トラブルは解決していない」と反論し、「生活費や学費などは貸したつもりでいた。返済して欲しい気持ちは変わらない」と話している(「朝日新聞デジタル」1月22日配信)。

これでは、「今後は元婚約者の方からご理解を得ることができるよう努めたい」と
小室さんが文書で述べたことが実現するかどうか、疑わしい。

むしろ、母親の元婚約者の「貸したのだから返して欲しい」という以前からの要求と、小室さん母子の「贈与だと認識している」という主張の間の溝は
埋めがたいように私の目には映る。

この文書の公表は、秋篠宮さまが昨年お誕生日に際しての会見で、
「現状では納采の儀を行えない」と明言され、
今でも2人が結婚したいという気持ちがあるのならば「相応の対応をするべき」と条件を示されたことに対して行われたと考えられる。

馬之助

殿下の相応の対応とは、金を返してトラブルを解決しろということかもしれないけど、いまさら、もし、お金を返したとしても、小室親子に対する不信感は払しょくできないわよ。


だが、母親の元婚約者の理解を得るために「借金トラブル」をどのように解決するのかという具体的な対応を小室さんは示さなかった。そのうえ、双方の間の溝がいかに深いかを改めて印象づけたのだから、国民を納得させるのは難しそうだ。むしろ、反感を買うのではないか。

★「認知」のずれ

今回の文書でも感じたのだが、これまでの経緯を振り返ると、母親の「借金トラブル」をめぐる小室さんの「認知( cognition )」は、母親の元婚約者とも一般大衆とも相当ずれているという印象を受ける。

それでは、「認知」とは何かという話になる。精神医学的には、外界の情報を何らかの処理過程を通して内部に取り入れる機能的な活動全般を指す(ちなみに、哲学では「認識」と訳される場合が多い)。

この処理過程が、いわゆる“普通の人”とかなり違うと、
「認知」のゆがみが生じる。そのため、同じものを見聞きしても、周囲には理解しがたい反応をすることが多い。こうした「認知」のゆがみは、持って生まれた素質と育った環境によって生じるが、
小室さんの場合は母親の影響が大きいように見える。

もちろん、「認知」が“普通の人”と違うからといって、必ずしも病気というわけではない。
天才的な作家や芸術家の中には、「認知」が“普通の人”とかなりずれている人が少なくなく、
このずれが優れた作品を生み出す原動力になりうる。

馬之助

小室圭佳代親子は芸術作品を作り上げているわけではなくただのドケチ


また、“普通の人”というのは、通常その社会で大多数を占める人であり、そういう人の「認知」を基準にすると、どういう「認知」が適切なのかを多数決で決めることになりかねない。だから、さまざまな「認知」があってしかるべきであり、「認知」の多様性を認めるべきだとは思う。

ただ、一般社会で組織の中で生きていくには、「認知」が、他人とあまりにもずれていると、困ったことになる。

だから、通常は、自分の「認知」にもとづいて外部に発信した言動が、他人からどう受け止められるか、どう見られるかを気にしながら、徐々に微調整していく。これを「フィードバック ( feedback )」と呼ぶ。

われわれは、周囲の反応を見ながら、自分自身の言動に「フィードバック 」をかけている。
ところが、小室さんの場合、この「フィードバック」機能がうまく作動していないように見える。

だから、「認知」のずれを修正できず、「一体、何を考えているのか」と国民がいぶかるような反応をするのではないか。

もしかしたら、自分自身の「認知」のずれに薄々気づいてはいたものの、修正する必要はないと思っていたのかもしれない。

あるいは、「認知」のずれに気づいた人が周囲にいなかったわけではないが、「ずれている人に何を言っても無駄」とあきらめて、何も言わなくなったのかもしれない。

「認知」のずれがあっても、これまでは何とかやってこられたのかもしれない。だが、天皇陛下の初孫と結婚するには、母親の元婚約者だけでなく国民の理解も得なければならない。そのためには、「認知」のずれに気づいて修正しなければ前途多難だなあと思う次第である。(文=片田珠美/精神科医)

渡邉みどり・小室さんと眞子さまは初志貫徹すべし

AERAより引用

「多くの人に納得してもらい喜んでもらう状況」を作らなければ、結納にあたる納采の儀を行うことはできない――。昨年11月22日、秋篠宮さまがお誕生日に際した記者会見で、長女眞子さま(27)と婚約が内定している小室圭さん(27)に求めた条件はクリアできたのだろうか。

会見からちょうど2カ月後となる22日、小室圭さんが動いた。代理人弁護士を通じて文書を公開。母の元婚約者から提起されている金銭トラブルをめぐる報道について、「私がこの問題について明確なご説明を差し上げてこなかったことで多くの方々に御迷惑をおかけする結果になってしまったことをたいへん心苦しく感じています」と謝罪したうえで、婚約解消時に「支援や慰謝料の点を含めて金銭的な問題はすべて解決済みであることを二人(母と元婚約者)は確認した」こと、その1年程たった後に返還を求められ、専門家に相談した上で本人に「それには応じかねることとその理由をお伝えした」と説明した。

それに対し、元婚約者の男性側は「トラブルは解決していない」と反論していると朝日新聞などが報じている。男性は圭さんの大学の費用、留学やアナウンススクールの費用など400万円以上を援助したと主張し、「返済してほしい気持ちは変わらない」というのだ。

小室さんは秋篠宮さまの言葉に応じるように、「ご心配をいただいている方々のご納得いただけるよう努力を重ねる覚悟でおります」と文書を結んだ。

ネット上では<誰が見ても解決していない><留学している余裕があるなら金銭の返還に努めるべきでは?>など、辛辣な意見が多く、文書公開によって事態が収束したとは言えない状況のようだ。

「皇族のトップの方たちの結婚は、スムーズに行かないことのほうが多いのです。しばらく時間をかけてでも、眞子さまと小室さんはいずれ一緒になられるのが良いのではと思います」
そう話すのは、皇室ジャーナリストの渡邉みどりさん(85)だ。

馬之助

皇室御用記者の渡邉みどりね。

85歳なのね~


「昭和天皇が香淳皇后とご結婚されるときも、山縣有朋が婚約辞退を迫った宮中某重大事件や関東大震災などで度々延期されましたが、結婚されて60年以上も添い遂げました。5年、6年かかることも不自然ではありません。皇室では一度決めたことを覆すのは良しとされず、婚約解消となればとても近代的な対応でしょう。ただ、それでは眞子さまはずっと『婚約していたのに……』と過去のことを言われ続けてしまうのではないかと心配です。この困難を乗り越えて初志貫徹するのが、幸せになれる道ではないかと思うのです
馬之助

昭和天皇の婚約辞退については、辞退した方も宮家のお姫で、小室圭と同列に並べて論じるのは無理があるわよ。初志貫徹で眞子さまに小室圭と結婚しろとはボケてんの?


この秋篠宮家の方針も影響しているのではと、渡邉さんは指摘する。

「秋篠宮さまはかねてから皇族の結婚は早いほうがいいというお考えを持っていらっしゃって、ご自身で紀子さまというお相手を探し、学生結婚されています。だからこそ、眞子さまと小室さんの交際を見守ってこられ、予想外のトラブルだったのではないでしょうか。秋篠宮家には来年には皇位継承順位2位になる悠仁さまを育てるという大きな責任があり、その義理の兄になる存在ですから心配は尽きないのでしょう」

馬之助

確かに秋篠宮家の娘たちに任せる教育方針にも問題があったと思うわ。東宮家の社会見学に行く愛子さまのバスを雅子さまが宮内庁の車列が追いかけるのも異常だし、あまりに教育方針が両極端だわ。


結婚に「それ相応の対応」を求める秋篠宮さまはこの文書に合格点を付けるのか。「努力を重ねる」とした小室さんの次の一手に注目が集まっている。(取材班)

馬之助の感想

精神科医の片田珠美さんと
85歳の皇室御用達記者渡邊みどり女史の見解、
大きく違うわね。

あたしは小室圭が文書を公表したとき、
読んでみて、トラブルは解決したとする内容だったら、

元婚約者は全く連絡なしと週刊誌に言っておきながら
実は秘密裏に
小室圭の勤めていた弁護士事務所が肩代わりした金を
受け取っていたのかと思ったのよ。

そうなると、金銭トラブルがまず解決・・・
次に米国弁護士となって、日本での給料は低いままだけど
一応、肩書が出来て、結婚に進んでしまうのかしらと、
暗い気持ちになったわよ。

もし金銭トラブルが解決したら秋篠宮殿下は、
納采の儀は出来ないと言い続けられなくなるかも
しれないからね・・・

しかし、文書の内容は今まで通りの自己弁護に終始していて
すぐあとに元婚約者の反論が出て、あ~やっぱり、って感じだった。

あたし的には金を返そうが、米国弁護士になろうが、
小室圭、小室佳代親子にはズルいイメージが定着していて、
今更、取り繕っても、もう手遅れなのよ。

誠実な対応をみせたとしても、

羽賀研二誠意大将軍

羽賀研二の誠意大将軍を思い出すだけなのよ。

渡邊みどり女史はさすが、長年皇室御用達記者で
飯を食ってきた人だけあるわ。
眞子さまをうまく持ち上げて~

しかしこの困難を乗り越えて初志貫徹するのが、
幸せになれる道
ではないかと、
本当に思っているとしたら、一度、病院で
検査を受けられた方がいいわよ。

小室圭問題に、
昭和天皇のご成婚を引き合いに出すのは不敬だしね。

精神科医の片田珠美さんは小室圭は
一般大衆と「認知のずれ」があると指摘しているわね。

一般大衆だけでなく、皇室内部のやんごとなき方々も
小室圭の思考は変だと思っていると思うわよ。

その変だと思う小室親子の考えに賛同しているのが
秋篠宮眞子内親王殿下よ。

眞子さまと小室圭婚約内定会見

眞子さまの小室圭を見るネットリとした視線・・・
イギリス留学中に会った時間がよほど、
めくるめく感動だったのか・・・

まだお嬢さまだった眞子さまを
うまく手なずけ抱き込むのは簡単だったでしょうね~

秋篠宮様が眞子さまを諦めさせて
最終宣告ができないのであれば、
ダラダラと時間を過ごして・・・
梅宮アンナのように、突然、覚醒して
愛が冷めるのを待つしかないわね。

凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク