あたしが好きな皇室ブログはこれでいいのだ日記Part2。

ともかく文章が面白く、しっかり調べたうえでの的確な内容だし、コメント返しも見事なのよ。超頭がいい。あたしにはとてもじゃないけど、無理。読ませて貰ってばかりいるのだけど、ここ数日のコメント欄で「週刊大衆」に小室圭の記事が出ていると書いてあって、超読みたくなったのよ。しかし、スーツ姿のあたしが本屋やコンビニで購入するには女性誌購入と同様、勇気が必要よ。エッチなおっちゃんと思われたくないと、思ってしまう自分がいるのよ。で、アマゾンで買えたので、といっても、他の商品と合わせて2000円以上でなきゃ注文が出来なかったので、仕方なく、水も購入。さっき、ポストに週刊大衆が届いていることに気づいたのよ。アマゾンは仕事が早い!

小室圭の記事を見つけるまでペラペラめくったら、超ボインの美女が次々出てきて、好きな人には目の保養になるでしょうけど、あたしにはならなかったわ・・。

表紙の画像を掲載したら、ピンクブログに認定されるかもしれないので、やめといて、記事の部分だけ。



週刊大衆

★これまで週刊大衆は、小室母子の”たかり体質”ともいえる不誠実さを徹底追及。

馬之助

週刊大衆が徹底追及をしてきたこと、知らなかったわ。いい週刊誌なのね~


★婚約内定発表の直後、仰天事態が起こっていた。

当時、、横浜の圭さん自宅には報道陣が殺到。出勤する彼を追いかけたため、電車が使えず、圭さんはパラリーガルとして勤務していた丸の内の法律事務所まで、タクシーで通勤せざるをえなくなったんです。

すると彼は、会社前でタクシーから降りる際、車を囲んだ取材陣に対して、”誰かタクシー代、出してくください!とせびったというんです。これには宮内庁の役人も慌てて”うちが出しますから”と言ったそうです。(皇室担当記者)
引用元: 週刊大衆

馬之助

誰かに金を出してもらって当然という放漫な態度だったらしわよ。


★この運賃事件に加え、過去に別のトラブルを起こしてた。

一連の問題で精力的に取材を進めるフリー記者曰く。

”小室さん経歴を見れば国際基督教大学を卒業後、2014年に新卒で入社した三菱東京UFJ銀行をわずか2年足らずで退社している。同行は日本を代表するメガバンク。高給も保証される。そんな会社をなぜ辞めたのか?疑問だったが辞めさせられて当然と言える”ある事件”があった。

小室さんのは配属先は法人営業を行う丸の内支社。そこに配属されるのは、新卒入社組のなかでも厳選された優秀な人材で、圭さんは入社早々、エリートコースに乗ったと言える。

ところが銀行内の評判は散々だった。

★眞子さまと交際しているという事情もあったんでしょうが、小室さんはほかの社員とコミュニケーションをとろうとしなかった。

★廊下ですれ違う際も、あえて、視線が合わないようにしている様に見えた。

★社員食堂で同僚らと昼ご飯を食べる際も、小室さんは会話に入らず、一人で黙々と食べていた。

馬之助

小室圭=人たらしのイメージなんだけど、銀行員時代の小室圭はずいぶん、違うわね。ホントはこれが本性なのかも。


★そうした態度が偉そうに見えて、反感を買い、

・バイリンガルを鼻にかけていると、小室さんをよく思わない行員が結構いた。

・特に英語が得意でない上司はやっかみも混じって、彼は英語はできるけど、仕事はあんまり。と口にすることもあった。

★クライアントとの重要な書類を紛失し、部内全員でごみ箱をひっくり返していたにも関わらず、そのクライアントを担当していた小室さん本人は平然とした様子だった。

★こんな不評ぶりが続くと、教育係の上司としても黙ってられない。

・ある時見かねた上司の一人が小室さんに注意をした。

・すると彼は豹変し、”それってパワハラですよね?私が訴えたらどうなるか・・・。”と恫喝とも取れる態度をし、逆切れして上司に食ってかかった、とも言われている。

・彼は銀行を退職後、一橋大学大学院の社会人向け夜間コースに通っている。修士論文のテーマは”海外から日本への投資”現在留学中のフォーダム大学でも”銀行・会社・金融法”コースを選択。

どうみても、金融関係に後ろ髪をひかれている。

どうやら、パワハラ逆切れ問題が退職と関係している。

改めて人間性に疑問符が付いた小室圭さん。眞子さまを嫁がせたくないのは、国民の願いであろう。引用元:週刊大衆

馬之助の感想

人に金を出してもらって当然という育ちなのね。人たらしでアメリカでは、ものすごくいい人と思われているようだけど、銀行員時代は眞子さまと付き合っていたから、偉そうで、上から目線の奴だったのよ。これが本性ね。上司に向かってパワハラだ、訴えてやるぞと言わんばかりの恫喝をしているのだから、眞子さまと別れるとなると、当然、それ以上の態度になる可能性はあるでしょ。

ただ、三菱UFJ銀行丸の内支店に勤務できる人は東大や私立なら慶応あたりだから、英語は当たり前に話せると思うわよ。昼食時、一人で食べていたのは、周囲が優秀過ぎて、ついていけなかったからではない?

タクシー代を出させて当然という傲慢な態度を宮内庁職員は見てきているので、別れたら、暴露本を出す可能性があると、警戒するんでしょ。

絶対に結婚させてはダメよ。結婚さえしてしまったらこっちのものとばかりに態度を豹変させる可能性があるでしょ。
雅子さまも外務省時代の評判をよろしくないそうだけど、皇太子妃になってしまったら、マスコミは、書けないでしょ。

外務省時代の同僚で雅子さまの真実を知っている人たちは、今の体たらくをどう見ているかしらね?でも、絶対に彼らの言葉は表に出てこないでしょ。

それと同じく、眞子さまが小室圭と結婚してしまったら、小室圭の本性をマスコミは見ていても、書くことが出来なくなり、秋篠宮家は未来永劫、悠仁親王が天皇になっても、金の無心や恫喝をされ続けるわよ。

眞子さまはこんな腹黒い乞食をいまだに好きだなんて、情けないことだわね。出家して尼寺に入って頂戴。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク
”恫喝、小室圭という生き方”発売が待たれるわ。