悠仁さまの中学校で臨時の保護者会紀子さまも出席

東京・文京区の中学校で秋篠宮家の長男、悠仁さまの机に果物ナイフが置かれた事件で、11日に開かれた学校の保護者会に母親の紀子さまが出席されました。

この事件は先月26日、東京・文京区のお茶の水女子大学附属中学校で、悠仁さまの机などに棒に固定され刃がピンク色に塗られた果物ナイフ2本が置かれているのが見つかったものです。

今回の事件を受けて、附属中学校では11日午前11時ごろから保護者会が開催され、悠仁さまの母・紀子さまも出席されました。今回の事件についての説明や、学校側の今後の対応を説明したものとみられます。

宮内庁の側近トップは10日、「秋篠宮ご夫妻が、保護者など学校の関係者に不安が広がっているのではないかと心配されている」と説明していました。附属中学校は、学校の再開を今月13日まで延期しています。(11日12:34)



馬之助の感想

紀子さまがお茶中学に車で乗り付けたことや、クラスの保護者の上座に着席されたことなどがネットの掲示板で激しく批判されえ入るらしいけど、紀子さまは皇族なんだから護衛付きの車で来るのは当然で、上座に座られることも当然でしょ。なんで文句が出るのかわからないわ。

しかも、、謝らなかったと怒っている父兄がいるそうだけど、悠仁さまが被害に遭ったかもしれないのだから、紀子さまは被害者側であって、被害者がなんで謝らなくてはならないの?

学校側の警備の不備で侵入を許したのだから、学校に抗議をしてもいいくらいだと思うわよ。悠仁さまに転校しろとか言っている人もいるみたいだけど、悠仁さまが入学することを承知したうえでその人の子供は入学しているのだから、それは言えないわね。

まず普通の生活をしていたら話すことはもちろん、同じ部屋の中にいることもあり得ない皇族、未来の天皇である悠仁さまはと同席出来ることを有難いと思えない人は日本人じゃないわね。

お茶中は女子が多いそうだけど、今、文句を言っている人も、将来は、悠仁さまと同級生だったということがブランドになる日が来るわよ。

悠仁さまと同級生だったことがいいお育ちである身分証明みたいになって、就職も結婚もすんなりいく時が必ず来るわよ。プチ皇室利用みたいなことを必ずする日が来るわよ。

紀子さまへ怒りの感情を持つのは、紀子さまを自分と同列に思っているからよ。紀子さまは皇族なの!特別なの!

学校はしっかり警備をすること。悠仁さまだけでなく、かけがえのない子供たちが通っているのだから、もう決して、不審者の侵入を許さないでほしいわ。

そして紀子さまは悠仁さまを東大に裏から入学させようなどお考えにならず、天皇として一番大切な、民を思う心の青年に育てて頂戴~

それから眞子さまと小室圭の婚約内定を一刻も早く白紙にして頂戴~
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク