両陛下は18日午前、皇居・東御苑の宮内庁楽部で行われた天皇陛下の即位30年を祝う雅楽演奏会に出席、夕方には国立科学博物館を訪れ、皇居の動植物の調査や陛下ご自身のハゼの分類学研究などを展示している企画展を見て回られるという勢力さ。雅楽鑑賞には秋篠宮さま、紀子さま、眞子さま、佳子さまがお揃いで出席されたけど、雅子さまはご欠席~。皇太子さまがおひとりでご参加~されました~。


雅楽鑑賞

18日午前、皇居の東御苑にある楽部で、天皇陛下の即位30年を記念した雅楽の特別演奏会が開かれ、天皇皇后両陛下や皇太子さま、秋篠宮ご夫妻ら皇族方が鑑賞された。

天皇在位30年雅楽鑑賞秋篠宮紀子さま眞子さま佳子さま

天皇皇后両陛下、皇居で雅楽鑑賞

雅楽は平安時代の中期に完成し、宮中の儀式や行事などで演奏されている日本最古とされる古典音楽で、ユネスコの無形文化遺産にも登録されている。

皇族方は、管楽器や打楽器の合奏である「管弦」や、音楽とともに舞う「舞楽」を2階席から1時間ほど鑑賞された。両陛下はにこやかに言葉を交わしながら鑑賞し、演目が終わると何度も拍手を送られた。

企画展ご鑑賞

天皇皇后が即位30年企画展を見学

両陛下は18日午後、東京・台東区の国立科学博物館を訪れ、陛下の即位30年を記念した企画展「天皇陛下の御研究と皇居の生きものたち」を鑑賞されました。

この展示では、陛下自ら取り組まれてきたハゼの分類学や皇居に生息するタヌキの研究のほか、陛下の意向で博物館の研究員が1996年から皇居の動植物を調べてきた成果などが紹介されています。

絶滅危惧種の昆虫が数多く見つかるなど貴重な自然環境が残されていることを聞き、陛下は「調査をして頂いて良かったわけですね」と笑顔で話されました。

馬之助

つまりこの企画展は陛下の意向で博物館の研究員が1996年から皇居の動植物を調べてきた博物館の研究員の成果展ってわけね。

馬之助の感想

両陛下は午前に雅楽を鑑賞しにいらして、午後からは企画展にお出ましでお元気で何よりね。

雅楽特別演奏会の合間に、雅楽楽器を見学される天皇、皇后秋篠宮さま紀子さま眞子さま佳子さま皇太子
出展:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00000125-kyodonews-soci.view-000

雅楽特別演奏会の合間に、雅楽楽器を見学される天皇、皇后秋篠宮さま紀子さま眞子さま佳子さまのお写真だけど、和装が苦手だから雅子さまは欠席なのかしら?

眞子さまはネットや週刊誌で小室圭とのことがこれでもか、これでもかと書かれているのに、平気でお出ましだというのに。宮内庁はもう、雅子さまが欠席だと、発表すらしないわね。

天皇陛下の即位30年を記念しての春季雅楽特別演奏会だから、大切な記念行事だと思うけど、皇后になったら突然頑張れとは思えない~!

皇太子さまは散髪をされたのか、髪が短くなって、髪の毛が”食用のり”のように張り付いてられる・・・。

皇太子さま

秋篠宮両殿下は今まで公務を休むことなくこなし、頑張ってきて、紀子さま眞子さま佳子さまのお三人の和装も華やかで、天皇ご一家に相応しいのに、小室圭に騙されて評判がガタ落ちになってしまったわ。

早く破談にしないと、女性宮家がもしかしたら、本当にあり得るのかもしれないから。
 

女性宮家をめぐる議論

女性宮家問題

女性宮家などについて新天皇の即位後、速やかに議論を始める意向を表明しました。

菅官房長官:「皇族数の減少等については、皇族方のご年齢からしても先延ばしすることはできない重要な課題であると認識をしております。(新天皇が)ご即位された後、というふうに考えています。そんなに時間を待たないで、というように思っています」

2017年に成立した天皇陛下の退位に関する特例法では、安定的な皇位継承について女性宮家の創設が重要な課題だと付帯決議に明記され、政府に具体策の検討を求めています。菅官房長官はこの付帯決議を尊重する意向も明らかにしました。

まさかと思っていたけど、女性宮家設立が現実味を帯びてきたわ・・。小室圭のアメリカ留学があと2年。その数年後世間の批判が風化しかけた頃、結婚してしまったら、小室圭は殿下になるのよ。あたしたちの税金で生涯、のうのうと暮らすことになるのよ。

女性宮家がありなら女系宮家もアリになるのは時間問題。愛子天皇だってありうる。愛子さまはのんびりとしてたお嬢さまで、天皇家らしい方ではあるけど、雅子さま同様、公務をまともにできるとは思えないわよ。

愛子天皇に小室圭殿下!

そんなこと絶対に許せない!

小室圭にはまたご縁があったらね~、と含みを持たせておいて、ともかく早く白紙に戻してほしいわ!!
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク