皇太子ご夫妻が青少年による読書感想文コンクールの表彰式に出席されました。皇太子さまは以前、天皇陛下がこの式典に出席したことに触れてあいさつされました。

皇太子さまと雅子さま読書感想文コンクールの表彰式に出席



読書感想文コンクールでお言葉を述べる皇太子さま
皇太子さま:「天皇陛下は、皇太子時代にこの式典に出席され『考える読書』の習慣を身に付け、視野の広い心の豊かな人になってほしいと話されました。この思いが脈々と受け継がれていることが分かり、とてもうれしく思っています」と、お言葉を述べられた。

ご夫妻は8日午後2時ごろ、東京・千代田区で「青少年読書感想文全国コンクール」の表彰式に出席し、受賞者一人ひとりに笑顔で拍手を送られました。雅子さまの表彰式出席は17年ぶりです。

雅子さま読書感想文コンクールの表彰式に出席

式典後の懇談では、スコットランドが舞台となっている児童書「最後のオオカミ」の感想文を書いた小学3年の女子児童に雅子さまは「良い本と出会いましたね」と声を掛けられました。

雅子さま読書感想文コンクールの表彰式に出席その2

この感想文をあらかじめ読んでいた皇太子さまは、1984年にスコットランドで自ら撮影した写真4枚を用意していて、子どもたちに見せながら思い出話をされていました。 テレビ朝日系列ANN

馬之助の感想

雅子さま、17年ぶりのご出席なんですって!赤ん坊が高校生になる時間だわ。お言葉を述べられるのは皇太子さまだけで、雅子さまは座っているだけ~で、かなり簡単そうにみえる公務だけど、17年も出れないって、かなり病んでたわね。

遊んでいるときは元気だけど、学校に行くとなるととたんに、体調が悪くなる典型的な登校拒否タイプにみえる・・・

式典後の懇談で皇太子さまはあらかじめ感想文を読んでいたと書いているけど、雅子さまも読んでいたとは書いてないので、事前には読んでなかったかも・・。

長期間登校拒否だった子供が学校に戻るとき、緊張するのと同じように、16年ぶりとか17年ぶりで公務に出るとき緊張で疲れて、また姿を消す、の繰り返しに、しばらくはなりそうな気がする~

元々雅子さまに皇族には向いてなかったんでしょうよ。皇太子との結婚は小和田家の希望であったと言われているけど、雅子さまより、父親小和田恒の強い希望であったように見えるからね。

皇后の摂政があれば、紀子さまが就任するかもしれないけど、ないから、どうしても皇后同伴が求められるものには出て、鑑賞系はスルーして、のらりくらりとやっていくしかないわね。

ともかく今回出てこれたのは大きな一歩よ。来年もし出ないで再来年出たら、2年ぶりのご出席と書いてもらえる。ホントによかったわね。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
来年リンク