天皇皇后両陛下は、5月8日、即位後初めてとなる宮中祭祀に臨まれた。


8日午前9時前、着付けなどの準備のため、天皇陛下より先に皇居に到着された皇后雅子さま。     

雅子さま着付けのために新天皇より早く出発

午前9時50分ごろ、天皇陛下も皇居に到着された。

新天皇宮中祭祀のため賢所へ

即位後初の宮中祭祀に臨む天皇その2

新天皇陛下、新皇后雅子さまは、即位後初の宮中祭祀となる「期日奉告の儀」に臨まれた。「笏(しゃく)」を手にした陛下は、黒い「垂纓冠(すいえいのかんむり)」を頭にかぶり、天皇だけが着用を許される「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」という古式ゆかしい装束。

宮中祭祀をする新天皇

賢所を拝礼される新天皇宮中祭祀

三種の神器の剣と勾玉を携えた侍従を伴い、天皇陛下は厳かな表情で天照大神をまつる賢所に進み、拝礼された。

その後、皇后さまも女官を伴い、約17年ぶりに賢所を拝礼された。

皇后さまは御垂髪(おすべらかし)に結った髪に「釵子(さいし)」と呼ばれる金色のかんざしをさし、萌葱(もえぎ)色(いろ)の「小桂(こうちぎ)」と呼ばれる上着、「五衣(いつつぎぬ)」という5枚重ねの衣という、古式ゆかしい装束をまとわれていた。

17年ぶりに宮中祭祀をする新皇后雅子さま

宮中祭祀をする新皇后雅子さま

天皇陛下は、8日の祭祀で、皇室継承の重要な儀式
「即位礼正殿の儀」を10月22日に、
「大嘗祭」を11月14日と15日に行うと報告された。

宮中祭祀をする新天皇その2

「即位礼正殿の儀」とは、天皇が国の内外に即位を宣言する儀式。「大嘗祭」は、天皇が即位後初めて五穀豊穣と国の平安を願う祭祀だ。この日のために新調されたという、両陛下の古式ゆかしい装束。
その色使いには、深い意味が込められているという。

8日午後には、大嘗祭などの日程を伊勢神宮などへ奉告する天皇の遣い=勅使を派遣される「勅使発遣の儀」が行われた。

儀式に臨まれる新天皇

馬之助の感想

新皇后雅子さま~、17年ぶり~!やる気になればできるじゃ~ん!

結婚生活の半分以上、宮中祭祀をブッチしてたとは、驚くべきことだわ。

動画で見たとき、歩き方がぎこちなくて、十二単は歩きにくいんだろうねと思ったけど、上皇后さまは上手に歩いてられたから、やはり17年間、全く何もしてこなかったので、これから日々勉強ね。

今は頑張っても、テレビ放送がない宮中祭祀は平気でブッチしそうな気がする~けど、一般参賀も最後まで頑張れたし、これらが自信になっていくんでしょ。

最後まで一般参賀に出た~、宮中祭祀が出来た~で自信を持つのは25年遅いのだけど、小室圭問題でかなり気持ちを明るくした雅子さま、まだまだ小室問題解決までには時間がかかりそうだから、その間、じっくり頑張って自信を付けといて頂戴よ~。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク