納采の儀一週間前の守谷慧さんと絢子さま

納采の儀一週間前の守谷慧さんと絢子さま。
絢子さまのお母様の久子さまの撮影~

結婚式が行われる
明治神宮での撮影~

久子さま撮影守谷慧さん絢子さま

母親の前でベタベタを見せつけて
きっとそれを久子さまは
嬉しくてたまらないんだと思うわよ~

絢子さま、この時点ですでに
左薬指に指輪をされているわね。




守谷慧さん(赤ちゃん時代)と母親

絢子さまと守谷慧さんには
共通することがある~

共に突然親をなくしていること。

守谷慧さんは
3年前にお母さまをなくし
絢子さまは小学年生の時、
お父様である
高円宮殿下をなくされている・・

「今日あることが明日も
必ずあるとは限らないという
共通の認識で一致」

しているんだそうよ。

小室圭も突然
父親を亡くしているんだけど
小室圭初登場当時は
かわいそうだと思った人も
今も変わらず
小室親子をかわいそうと
思っている人はほぼ、皆無だと思うわ。

「今日ある金が明日も
必ずある限らないという
共通の認識で一致」

の小室親子と
眞子さまはどこら辺が認識、
一致されているのかしら?

秋篠宮両殿下も
たとえ小室圭の父方の祖父、父親
共に自殺でも
構わないと、思ってらしたけど

生き残っている母親佳代に
育てられたことによって

”ゆすりたかお”

と、

”たかりゆす子”

の親子になってしまい、

このまま結婚したら
日本の皇室がこの親子によって
骨に髄までしゃぶりつくされると
一般国民は感じ、猛烈に嫌悪感を
抱いているのよね。

同じ、”ケイ”でもこれだけ違うと
姓名音声学を研究されている方は
さらなる研鑽が必要ね。

天皇皇后に挨拶するため出掛ける守谷慧さん

午後3時
守谷慧さんはお父様とふたりで
初めて天皇皇后両陛下に会って
正式に婚約が決まったことを
報告にいらしたわ。

父親と二人で天皇皇后に挨拶に行く守谷慧さん

この縁談を取りまとめたのは
久子さまよね。
女手ひとつでよく頑張られたわ。

久子さまはいつもニコニコ元気で
自信に満ち溢れていて
なんでこんなにいつも元気なのかと
思ったことがあったけど

久子さまの父方の家系は実業家。
母方は九条家に連なる
ご立派なご家系。

久子さまの家系

だからいつも自信にあふれてるのよね。
絢子さまも今の皇族の中では
末端女王だけど

お父さまは
平民が働いているウイークデイの
真昼間に、スカッシュしていて、
心房細動で亡くなった高円宮殿下。

お母さまは
九条家に繋がる血筋の久子さま。

おじいさまは昭和天皇の弟、
真っ赤な宮様との異名をとる
故三笠宮崇仁親王。

おばあさまは元華族の
三宮宮百合子殿下。

ヒイおじいさまは大正天皇。

ヒイヒイおじいさまは
明治天皇。

絢子さまには
平民の血が入っていない
入っていても、わずかで
影響を受けていない~
ほぼ、純血種の宮さまなんだってこと
今回わかったのよ~

今回のご婚約は眞子さまの
婚約内定などがあって
随分気を使われたでしょうけど

気を使って待っていたら
一体、いつ結婚できるか
わからないわよ。

小室圭が勝手にアメリカに
行ってしまったから、
早く、決着をつけたくても
出来ないからね。

守谷さんはおかあさまに、
この慶事をみせて
差し上げたかったでしょうね。

守谷慧さんと絢子さまの結婚は
まさに皇族らしいカップルだわ。

凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク